« とろっとろのホルモンに感激!焼肉スタミナ苑 月島店 | トップページ | GPSログをとりながら,ダヴ湖サーキットを一周してみた。Canon PowerShot S100実写 »

朝の散歩に,タスマニア原生林"Enchanted Walk"

さて,凍え死ぬかと思った「クレイドルマウンテンロッジ」の部屋ですが,ロッジのスタッフに見てもらったところ,薪をくべるように見えた暖炉が,実はガスヒーターでした。

gas heater
PENTAX K-7 + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

で,このガスヒーターに,リモコンを向けると…

スイッチが入りました。

自分たちのロッジの前にはたくさんの薪,暖炉の横にも薪。
自分で,火をおこすのかと思ったら,暖炉に見せかけたガスヒーターでした。

ええ,とたんに空気が暖かくなり,快適な夜に(笑)。

リモコンの設置場所が悪いんだよpout

まぁ,それはさておき,朝です。

Tasmanian Wilderness just in front of our lodge
ひんやりとした空気ですが,目の間に広がる原生林。クレイドル山/セント・クレア湖国立公園の端っこです。

タスマニアでは,"Tasmanian Wilderness"という言葉をよく見聞きします。
町と町の間は,原生地域。感覚的には北海道に近いかな。
人が住んでいないところは,自然な状態(というか放置w)。

水も空気も,ああこれが混じりっけ無しの状態なのね,ってのがわかるくらい素で美味しいですよ。
まぁ,空気だけじゃ,お腹が空くので,朝食へと。

breakfast at the lodge
RICOH GXR A12 50mm

朝食の場所は,夜は予約制でアラカルトのコース料理が食べられる「ハイランド・レストラン(Highland restaurant)」。
空気と水が美味しいと,料理もなんでも美味しい!
てんこもりです。

今日は,クレイドルマウンテンを拝みに行く予定。かなり歩くはずなので,しっかり朝食を撮らなくちゃね。あ,摂らなくちゃね。
朝のジュースも,オレンジ,アップル,パイナップル,トマトジュースと,大盤振る舞い。
マッシュルームがデカい!!
洋朝食の定番,スクランブルエッグ,ハッシュブラウン,ベーコンにソーセージですよ。

パンも菓子パンから食パン風のものまで,いろいろととりそろえられていて,大満足の朝食でした。
さすが,人気のマウンテン・リゾート「クレイドルマウンテンロッジ」。

食後のコーヒーを飲んで,ゆったり。
なんだか,とっても贅沢ですね〜。

で,立ち上がってみると,お腹がキツイ。

せっかくなので,ロッジ周囲に用意されたお散歩コースを腹ごなしに歩いてみることにしました。

around Cradle Mountain Lodge
Canon PowerShot S100
右から2番目のテラスがあるところが,僕達の泊まったロッジ

オーストラリアには17の世界遺産があります。そのうち15件が自然遺産。その一つが「タスマニア原生地域」。
それが,ロッジの目の前に広がっているんですよ。で,この原生林の中に,タスマニア固有の動物たちが住んでいるんですね。フンが転がっているので,なにかしらいるのはわかります。もしかして,タスマニアデビルもいるかな。

タスマニア島の中央高地にあるクレイドル(「クラドル」とも)・マウンテン=レイク・セント・クレア国立公園(Cradle Mountain-Lake St Clair National Park)は,自然だけではなくて,アボリジニたちの古代の暮らしの跡も含めた「複合遺産」として,世界遺産に登録されています。タスマニアの人口は約50万人。北海道よりもちょっと小さいくらいの面積のおよそ1/4が世界自然遺産に登録されています。このエリアは,いわゆる"Tasmanian Wilerness"世界遺産の一部になります。広さは,13,800 km²。

around Cradle Mountain Lodge

クレイドルマウンテンエリアは,州都のホバートからは,約165km北西に位置し(車で4,5時間。デボンポートからは1時間半程度),タスマニアで最も有名で人気のある国立公園です。南北に縦断するトレッキングコースが「オーバーランドトラック(Overland Track)」と呼ばれ,これを踏破するには,慣れた人で1週間ほどかかるとのこと。クレイドル・マウンテン(Cradle Mountain)からセント・クレア湖(Lake St Clair)までの全長65kmのトレッキングコースです。全行程を踏破するには十分な計画が必要ですし,タスマニア州パーク・ワイルドライフ・サービス(Parks & Wildlife Service)に事前に申請も必要なコースです。もちろん僕らはそんな足も装備も食料も持っていませんし,度胸も時間もないので,ほんの触りだけ(笑)。

このエリアへの日本からのパックツアーは,たぶん無いので,飛行機と宿を別々にとって,出かけることになります。が,それだけの価値はあると思います。いや,この空気だけでも!

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"

で,ロッジのまわりには,20以上のトレッキングコースが用意されています。ちゃんと道(トレイル)があるヤツです。この写真のタイムスタンプが7時58分。

Walking Trails from Cradle Mountain Lodge on Vimeo.


↑「クレイドル・マウンテン・ロッジ」謹製のトレイル紹介動画です。

各コースの想定時間は20分から9時間(!)。まぁ,9時間っていうとお散歩じゃぁないですよね。年齢や体力に合わせて選べるようになっています。

まずは,"Enchanted Walk"に挑戦してみましょう。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
"Enchanted"とは,映画の題名にもありましたが,『うっとりして,とてもうれしい』,『魔法にかけられたように』という形容詞。それがお散歩コースの名前に付いているので,きっと魅力的な,旅行者を飽きさせない何かがこの20分コースにあるのでしょうね。名前だけでワクワクしてきます。そういえば,古い話になりますが,バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画にも,「魅惑の深海パーティー(Enchantment Under the Sea)」で,マーティ・マクフライの両親になる予定のジョージとロレインがダンスをしながら初めてキスをする重要な場面でも,"Enchant"という言葉が使われていましたね。あ,そうだ!ディズニーランドにある「魅惑のチキルーム(The Enchanted Tiki Room)」も,"Enchant"が使われているので,"Enchanted Walk"は,「魅惑の散歩道」とでも訳すのが正しいかもしれません。

ちょっと脱線しましたが,20分コースは,サーキット(グルッと一周して元の場所に戻れる)になっています。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
いきなりこんな風景が広がります。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
まだロッジから歩き始めて,3分も経ってません。ウソだと思うなら,この写真のEXIF情報見てください(笑)。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
川が流れているのが見えてきました。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
ココまでで4分。
なんてお手軽なんでしょ!

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
木はね,倒れ放題,草も伸び放題。
ボードウォーク以外は,ほとんど手が入っていないように見えます。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
植生は,高山植物のエリアのようです。比価的背の低い植物が多いような気がします。
どれも日本では見たことがないような植物や苔が生えています。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
高山植物の花が咲く季節は,春頃の10月から11月あたりだそうですが,ところどころ,人知れず可憐に咲く花を見つけることもできます。タスマニアの原生地域のベストシーズンは,10~5月。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
川の名前は,「Pencil Pine River」。せせらぎの音が心地よく,散歩も楽しくなってきます。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
でも,ほんとに,自然がなすままの風景。こういうのが,"Tasmanian Wilderness"の一部なんでしょうね。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
川に沿って,散歩道は続きます。ほんとに20分で終わるのかな?ちょっと心配になるくらい,風景が変わります。
そこが,"Enchanted"なところなんでしょうね。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
ここは,いわゆる「雨林」地帯なんだそうです。「雨林(rain forest)」というといわゆるジャングルを思い浮かべますが,「冷帯雨林」という言葉もあるようです。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
川を渡る橋が見えてきました。けっこう立派な橋です。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
小さな「滝」も。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
「滝」と呼べる大きさではありませんが,植物だけじゃなくて,こういうのがちょっと歩くと見られるのは,嬉しいですね。運が良ければ,「カモノハシ(elusive platypus)」も見られるそうです。

"Enchanted Walk"の所々に,小さなドームがあって,ここから動物たちの生態をのぞき見ることもできるようになっています。運が良ければ,ですけれど。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
急に景色が変わるところに出てきました。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
これは,何でしょうね。下地に生えている植物もみたことがありません。
もしガイドさんがいたとしても,英語だと日本語名がわからないから,たぶん,どうしようもないかも。
時間があれば,画像から,植物名を検索してみます。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
巨木も倒れたまま。
枯れて倒れて,また朽ちて,土となって,森が再生していく過程を見ているかのようです。

これは,ココまで来るまでの間,車窓から見えた風景とも重なります。
日本から来ると,「どうしてこんな風景ができあがるの?」という疑問が,たぶん浮かんでくると思います。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
木が必ずといっていいほど,苔と苔のようなモノと,一緒になってます。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
ふわふわしている感じですが,手を出すことは,もちろんしません。

Cradle Mountain-Lake St.Clair National Park "Enchanted Walk"
で,も一回,川を渡って,サーキット終了。
この写真のタイムスタンプが8時24分ですから,約26分ほどで全周を歩いたことになります。
写真を撮ってなければ,本当に20分だったかもしれませんね。

"Enchanted Walk"のサーキットは,本当にタスマニア原生地域のエッセンスが詰まった「魅惑の散歩道」でした。
いやぁ,朝食に続き,大満足。

ちょっと曇り気味で,お天気は今一つなのですが,少し休んだら,いよいよクレイドルマウンテンへと,出かけてみましょう。


↑自前の予告編(Full HD)です。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


Cradle Mountain Lodge(日本語で予約)




お得な海外航空券・パッケージツアーは【H.I.S.】


Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター(amazon)
PowerShot S100 シルバー(楽天)

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター(amazon)
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック(楽天)

プロガードAF for Canon PowerShot S100 / IXY 600F 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGIX600F
プロガードAF for Canon PowerShot S100 / IXY 600F 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGIX600F(amazon)

|

« とろっとろのホルモンに感激!焼肉スタミナ苑 月島店 | トップページ | GPSログをとりながら,ダヴ湖サーキットを一周してみた。Canon PowerShot S100実写 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/53692132

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の散歩に,タスマニア原生林"Enchanted Walk":

« とろっとろのホルモンに感激!焼肉スタミナ苑 月島店 | トップページ | GPSログをとりながら,ダヴ湖サーキットを一周してみた。Canon PowerShot S100実写 »