« 餃子異業種交流会 | トップページ | Canon PowerShot S100の「ハイスピード連写HQモード」を使ってみた。 »

iPhoneで,食べ物系フォトを撮るときのデジタルワークフロー

いまだにiPhone 3GSユーザーなのですが,ええ,「5」待ちです。
「4」という数字が嫌いなので,そういう意味では,カメラの名前から「4」を外すパナソニックには敬意を表します。

僕がiPhoneで食べ物系の写真を撮るときの流れとアプリをご紹介します。
「デジタルワークフロー」なんて書いてますが,まぁ大したことはありません。
ただ,ひと手間かけることにしているので,iPhoneで撮った勢いで,そのままTwitterやFacebookにアップすることはあまりありません。

まずは,比較対象として,どノーマルのiPhone 3GSのカメラアプリで撮った写真。
normal iPhone camera APP
けっこうサンマルクカフェのアイスコーヒー,苦みが好みで,よく飲んでます。雨の日は,ポイント2倍です。

で,このiPhoneのノーマルなカメラアプリは使わずに2軍落ちさせて,いつも使っているのは,

AccuSmart Camera 1.210(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Noritsu Koki Co.,Ltd. - Noritsu Koki Co., Ltd.(サイズ: 1.4 MB)
全てのバージョンの評価: (194件の評価)


AccuSmart Cameraというアプリを使っています。

これで撮った写真が,こちら。

Accu Smart Camera APP
シーンモードを「フード」にしています。

もう,これだけで,十分美味しそうに仕上げてくれるので,素材としてとても重宝しています。
立ち上がりにちょっと時間がかかるのですが,これがiPhone 4Sとかだと,もうちょっと早いのかしらん…?

まずは,「美味しそうに仕上げてくれるカメラアプリ」が,スタートポイントです。
で,十分な画質で写真が撮れたことを確認したら,「食べ」,「飲み」に入ります。

あまり撮影には時間をかけません。
だって,作ってくれたヒトが,「温かいうちに」って思ってくれていることが多いから。

で,食後のコーヒーやら,美味しかった食事の余韻を楽しみつつ,簡単にレタッチ作業を,

TiltShift Generator - ミニチュア風トイカメラ 2.02(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Art & Mobile - Art & Mobile(サイズ: 1.8 MB)
全てのバージョンの評価: (1,126件の評価)

TiltShift Generatorで行います。

これで仕上げたのが,
Accu Smart Camera + TiltShift Generator
こちらの写真。

TiltShft Gen APPは,ミニチュア風フォトを撮ることに使われることが多いアプリですが,僕自身は,それよりも,TiltShift Genが簡単に,フォーカスとボケの位置と量を設定できること,色合い,明るさ,コントラストを調整して,周辺光量を好みで変えて,ちょっと美味しそうに仕上げることができることが,とても便利なので,AccuSmart Cameraと同様,もう手放せないレタッチソフトです。

氷の透明度も,心なしかアップしている感じがします。

iPhoneのオートホワイトバランスはとても優秀で,プレミアムコンパクトを凌駕することもしばしばですよね。もう,「いつもiPhoneでいいじゃん」と思わせるほどの性能なのですが,ここで敢えて,デフォルトのカメラアプリは使わずに,素材として美味しそうな写真を最初から撮ってくれる「Accu Smart Camera」で写真を撮影することに,ちょっとこだわっています。

最初の写真がキレイであることというのはレタッチの必要条件です。

で,この素材を使って,写真を見てくれる人が,より視線を被写体に向けてもらいやすくするTiltShft Genでの画像編集も欠かせません。

で,この後,instagramで,TwitterとFacebook,あるいはFoursquareに写真とコメントを流すようにしています。

ちょっとしたひと手間で,見てもらう側の反応も変わってくるので,美味しそうなものが自分の前に出てきたら,自分の記憶を増強するだけでなく,こんな地道な作業も,感動を共有してもらえるなら,ちょっと頑張ってみようかななんて思えてきたりします。

お試しを。

写真の教室,「まわりフォトタイム」を,始めました。
あちらのブログで,関連記事も書いています。
こんな感じで,デジタルカメラだけでなく,スマートフォンでの撮影も,楽しめるようなレッスンを心がけています。
写真を始めたい,SNSの写真をもうちょっと何とかしたいという方は,コンタクト,お待ちしています。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 餃子異業種交流会 | トップページ | Canon PowerShot S100の「ハイスピード連写HQモード」を使ってみた。 »

写真教室」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

食べ物系の写真は撮ることが多いので、参考になりました。早速アプリを落としてみたいと思います。
カメラ教室も参加したいですが、遠方ですのでこういう記事はとても参考になります。
動物(おもに犬ですが^^;)の撮り方なども教えて頂けると嬉しいです。

投稿: みずき | 2012.06.17 16:44

みずきさん,コメントありがとうございます。
食べ物系の写真は,ついつい撮ってしまいますよね。
後で見なおすと,こんなに食べてたのかぁ…と遠い目になることも(笑)。

カメラ教室,東京に2,3日滞在するお休みがあれば,その時にでも,ぜひ,ご参加下さいませ。

ペットのワンちゃんは,実は,飼い主の方が一番いい写真が撮れるんですよ。まずは,ワンちゃんに撮影することに慣れてもらうところからでしょうか。でも,すでにいい写真をたくさん見せて頂いていますから,そんなに悩むことはないかと思います。

投稿: HAMACHI! | 2012.06.18 07:38

僕は上のノーマル、悪くないと思うな。
見る目がないんでしょうか...

投稿: mn | 2012.06.22 10:32

mnさん,コメントありがとうございます!
ノーマル写真の価値も認めて頂き,感謝です!

投稿: HAMACHI! | 2012.06.24 04:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/54978820

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで,食べ物系フォトを撮るときのデジタルワークフロー:

« 餃子異業種交流会 | トップページ | Canon PowerShot S100の「ハイスピード連写HQモード」を使ってみた。 »