« iPhoneで,食べ物系フォトを撮るときのデジタルワークフロー | トップページ | 梅雨でも写真,撮れるよ。 »

Canon PowerShot S100の「ハイスピード連写HQモード」を使ってみた。

Canon PowerShot S100では,基本的にPモードなら,シャッター押しっぱなしで,連続撮影ができるのですが,ちょっと速い動きの被写体を連続して捉えてくれる「ハイスピード連写HQモード」が,シーンモードに用意されています。

「ハイスピード連写HQモード」速さは,最大約9.6コマ/秒なのだけれど,撮れるのは,8枚までという,ちょっとフェイント気味な機能。これをテニスのサービスの分解写真で,使ってみました。

写真は,いつものように,撮って出しのJPEG撮影です。

IMG_2916

IMG_2917
IMG_2918
IMG_2919
IMG_2920
IMG_2921
IMG_2922
IMG_2923

ありゃ,8枚で切れるので,トスアップから撮ると,サーブのインパクトの瞬間までもちません。
撮り始めるタイミングを見計らわないといけませんね。

IMG_2924

IMG_2925

IMG_2926

IMG_2926

IMG_2927

IMG_2928

IMG_2929

IMG_2930

IMG_2931

今度は,フォロースルーまで入りました。
ま,2回目は,なんとかうまくいきましたね。

膝のタメが,素晴らしい!
僕も意識してみようっと。

モデルは,テニス・写真ブロガーのmahさん
ご快諾,ありがとうございます!

上で撮った写真は,モードの名前通り,たしかに「ハイクオリティ」。
キレイですよね。
オートフォーカスや露出は,一枚目で固定されます。

再生するときは,[ハイスピード連写HQ] モードで撮影された画像はグループ化されます。連続撮影の最初に撮影された画像のみ表示されますが,もちろん,グループ内の画像を1枚ずつ見ることも可能です。

まぁ,できれば,シャッターボタンを話したときから,3秒くらい遡れたりする機能があればいいのにね。
次回のバージョンでは,パノラマに続いて,「ハイスピード連写HQモード」の撮影可能枚数,コマ間スピードもぜひ,これも克服してください。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター(amazon)
PowerShot S100 シルバー(楽天)

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター(amazon)
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック(楽天)

プロガードAF for Canon PowerShot S100 / IXY 600F 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGIX600F
プロガードAF for Canon PowerShot S100 / IXY 600F 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGIX600F(amazon)

|

« iPhoneで,食べ物系フォトを撮るときのデジタルワークフロー | トップページ | 梅雨でも写真,撮れるよ。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/54991337

この記事へのトラックバック一覧です: Canon PowerShot S100の「ハイスピード連写HQモード」を使ってみた。:

« iPhoneで,食べ物系フォトを撮るときのデジタルワークフロー | トップページ | 梅雨でも写真,撮れるよ。 »