« 梅雨でも写真,撮れるよ。 | トップページ | CP+2013の概要と日程が発表に。 »

日本のお風呂がますます好きになる。映画「テルマエ・ロマエ」

テルマエ・ロマエ,見てきました。

<あらすじ> 古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実(上戸彩)たち“平たい顔族”、つまり日本人だった。日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは古代ローマに戻ると、そのアイデアを利用して大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、ローマで浴場技師としての名声を得ていくのだが……。風呂を愛する2つの民族が時空を超えて出会った時、世界の歴史が大きく動き出す。 goo映画

原作のコミックは,1巻だけ読みましたが,基本的にはこれを踏襲した作りになってますね。
上戸彩演じる真実は,コミック版には出てこない(というか違う名前で出てくる)ようですが,かなり重要な役割になっています。ラテン語でやりとりできるようになるシーンには,ちょっと感動(実際のラテン語の発音って,本当はわかっていないようですが(笑))。その後,古代ローマのシーンで「Bilingual」の表示にも,かなり笑わせてもらいました。上戸彩のローマ人の扮装,肩をはだけたサービスカットも,いいですね。

皇帝の神格化について,タイムパラドックスもちゃんと出てくるあたりも,よく考えられているなぁと思いました。キャストに彫の深い外人顔の日本人俳優を集めたことが話題になっていましたが,見るべき所はそこではないように,それを意識させるような作りにはなっていないので,たしかにうまく馴染んでいるんだろうなと思います。

大爆笑の連続かと思えば,それほどでもなく,とても真面目に作られていたように思います。もうちょっとはちゃめちゃでも良かったのかもしれないけれど,あまり原作とかけ離れたモノにはしたくなかったのかな。
「2」,ありそうですね。

日本のお風呂って,やっぱりいいよね〜と思わせる映画でした。

そういえば,今年になって初めての映画。
映画館の大画面を何も考えないで,ニコニコ見ていられるのは,やっぱりいいですね。

パンフレットは購入せず。
60点。

コミック版を全部読みたくなりました。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


【送料無料】テルマエ・ロマエ 1-4巻セット(楽天)

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)(amazon)

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)(amazon)

テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)(amazon)

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)(amazon)

|

« 梅雨でも写真,撮れるよ。 | トップページ | CP+2013の概要と日程が発表に。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/55005894

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のお風呂がますます好きになる。映画「テルマエ・ロマエ」:

« 梅雨でも写真,撮れるよ。 | トップページ | CP+2013の概要と日程が発表に。 »