« 2012年のハロウィンシーズンスタート! | トップページ | ディズニーハロウィーン2012 TDL全身仮装のみなさん »

光学ファインダーを排してコンパクトになった「FUJIFILM X-E1」発表

富士フイルムが,FUJIFILM X-Pro1と同じく,Xマウントを採用したレンズ交換式のノンレフレックスデジタルカメラ「FUJIFILM-X-E1」を発売することが,海外で発表されました。

Xマウント採用の初号機「FUJIFILM X-Pro1」のウリでもあった,「ハイブリッドマルチビューファインダー」を排して,236万ドットの有機ELをEVFファインダーに採用しています。

X-Pro1をしばらく使っていて思ったのは,OVFとEVFをミックスしたハイブリッドマルチビューファインダーが,レンズ交換ができるカメラとしては,マクロ時など,ファインダーから見えているものと撮れるものの差(パララックス)が大きくなり,一般的な一眼レフやミラーレス(ノンレフレックス)カメラを使い慣れたヒトには,多少違和感がありました。

パララックスが大きくなる近接撮影時には,X-Pro1の場合,EVFになって,パララックスが生じないようになりますが,それだったら,最初から全部EVFでもいいんじゃない?と思うヒトも,たくさんいるようで,このFUJIFILM X-E1は,そんなニーズに応える…というか,必然的に発生したモデルだと思われます。

X-E1とX-Pro1の大きな違いは,EVFだけでなく,ハイブリッドマルチビューファインダーがなくなったことにより,ボディサイズがコンパクトになったこと。

FUJIFILM-X-E1の本体サイズは129×74.9×38.3mm。重量は本体のみ300g。
FUJIFILM X-Pro1の本体サイズは139.5×81.8×42.5mm。重量は本体のみで約400g

100gも軽くなって,約30%サイズダウン。

X-Pro1の,レンズの焦点距離に合わせて,光学ビューファインダーの倍率が自動的に切り替わるのも,面白い仕組みだったのですが,この機構のためにボディサイズが犠牲になっていたところもあるんじゃないかな。

極論を言えば,EVFも排して,背面のモニターだけにしても良かったと思うヒトもたくさんいると思うんですよね。でも,それだと,「ファインダーを覗く」ことができなくなることを不満に思う層に訴求できないと思ったのかもしれません。もしかしたら,いわゆる「ミラーレス」と同じになってしまうのを避けたかったのかもしれません。
いや,ホント,X-Pro1は,背面液晶モニターだけで,十分楽しいんですけれどね…。

で,気になる人が多そうなのは,液晶モニターがX-E1は2.8型約46万ドット。X-Pro1は3型123万ドットなこと。
X-Pro1を買わせるためにそうしたのだとしたら,残念なところです。

あとは,ポップアップ式ストロボが内蔵されているところも,使い勝手がだいぶ便利になりますね。

ボディ色は,ブラックとシルバーの2色が用意されて,いわゆる「クラッシックカメラ風」の路線を引き継いでいます。

キットレンズとして Xシリーズ用のレンズとしては初のズームレンズ「18-55mm/f2.8-4」 ,さらに追加レンズとして14mm/f2.8 の広角レンズが発売になります。

日本でもほどなく発表されることでしょう。

X-E1の写りは,X-Pro1で実証済みなので,全く問題ありません。
実際に,X-Pro1とX-E1を並べて触ってみたいですね。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 2012年のハロウィンシーズンスタート! | トップページ | ディズニーハロウィーン2012 TDL全身仮装のみなさん »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/55605196

この記事へのトラックバック一覧です: 光学ファインダーを排してコンパクトになった「FUJIFILM X-E1」発表:

« 2012年のハロウィンシーズンスタート! | トップページ | ディズニーハロウィーン2012 TDL全身仮装のみなさん »