« Amazon 「Kindle Paperwhite」が,届きました。 | トップページ | 片手で食べられるハンディランチ!「スマート飯」で,パワーランチを作ってみた。 »

アマゾン「Kindle Paperwhite」のセットアップは,あっけなかった。

昨日は,Amazon Kindleの電子書籍端末「Kindle Paperwhite」が届いて,電源を入れるところまで紹介しました。

Kindlepaperwhite01dscf1561

で,電源を入れたら こんな画面が。
これは,Kindle共通の画面のようですね。


Kindlepaperwhite02dscf1562

初期設定の最初の画面は,言語。

Kindlepaperwhite03dscf1563

日本語以外を選ぶ理由もないので,「日本語」を選ぶと,

Kindlepaperwhite04dscf1564

またこの画面が。

Kindlepaperwhite01dscf1566

自分がどんなものを購入したのか,自己紹介があります。

Kindlepaperwhite06dscf1567

で,初期設定の一番の大変な(?)部分。
Wi-Fiの設定になります。

Kindlepaperwhite07dscf1569

一覧が表示されるので,自分がいつも使っている無線LANを選んで,パスワードを入力してKindle Paperwhiteを接続。

ここで,持ち主である僕の名前が表示されるようになりました。
Amazonのアカウントと各々のKindleは紐付けされているんですね。
kindle端末からも本が購入できるようになります。

「まもなくKindle Paperwhiteをお届けします」
という題のメールも,Amazonから届いていたっけ。
こういうのは,なんで,日本のメーカーは,真似しないんだろう?
ショップで個別に販売されるときは,別として。

Kindlepaperwhite08dscf1571

FacebookとTwitterに,本を読み終えたときに書名と感想を投稿するかどうかを設定。
どっちもやっていない人,読んだ本なんて知らせたくない人はスルーできます。
後からも,接続を解除することももちろん可能。

これで,kindleの設定は,おしまい。
あっけないくらいです。

パソコンとつなげる必要は全くありませんでした。
設定に必要なだけの電池は充電されています。

Kindlepaperwhite09dscf1572

購入した電子書籍は,Amazonがインターネット上に持っているサーバー上に保存されるので,何かあった場合,そこから再度ダウンロードできます。もう一台,さらに一台とKindle端末を追加した場合は,自動的に新しいKindleに本がダウンロードされます。
クリックしてダウンロードとか,アプリケーションとPCをつなげて…とか,難しいことはなにもありません。

ここからは,チュートリアル。

Kindlepaperwhite10dscf1573

本を開くには,タップ。

Kindlepaperwhite11dscf1574

EasyReachというのだそうです。
タップでも,スライドでもOK。

Kindlepaperwhite12dscf1575

前のページに戻るには,ここをタッチ。

Kindlepaperwhite13dscf1576

kindleツールバーの出し方。
いつでも,画面トップの部分をタップ。

Kindlepaperwhite14dscf1577

タップしてフォントの設定。

Kindlepaperwhite15dscf1578

日本語フォントは,ゴシックと明朝の2種類。
サイズと行間,余白など,自分が読みやすいデザインにカスタマイズできます。

読書中にも,画面を2本指でタッチして広げると,フォントの大きさを変えることができます。

できれば,文庫本サイズなので,デフォルト(本によって異なるかもしれないけれど,オススメの設定)もあるといいな。ほら,ページめくりのタイミングとか,こだわるような書籍もあるでしょ。

Kindlepaperwhite16dscf1579

単体でも使える辞書が3種類。国語辞典,英和辞典,英英辞典がついてきます。
もちろん,本を読みながら,わからない単語を指で長押しすれば,

Kindlepaperwhite17dscf1580

辞書がポップアップ。

Kindlepaperwhite18dscf1581

文章を長押ししてドラッグすると,選択した文章がハイライトされます。

Kindlepaperwhite19dscf1582

これは,「マイクリッピング」という場所に保存されます。
SNSでシェアすることも可能です。

Kindlepaperwhite20dscf1583

Kindle Paperwhiteには,ライトが内蔵されています。
ちょっと暗いところでも読めるのは便利。
けっこう明るくできます。

Kindlepaperwhite21dscf1584

Kindleツールバーのカートをタップすると,ここからKindleストアで,電子書籍を購入することができます。


Kindlepaperwhite22dscf1585

これでスタートガイドは,終了。
さすが,日本よりもずいぶん前から電子書籍を広めてきたAmazonだけのことはあります。

引っかかるとすれば,Wi-Fiの設定くらいかな。
これがないと,どうにもならないので,うっかり無線LAN無しで購入しちゃった人は,困るだろうけど,Amazon側にすれば,機は熟したとみたのでしょうね。

Kindlepaperwhite24dscf1587

本の価格は,安いものもあれば,この値段で出すの?ってものまで,さまざま。

どうも,Amazonに価格の決定権がない書籍が多いような気がします。
iTunesとはワケが違うんだろうけど,紙の書籍より,価格を相当落とさないことには,僕らのような新しもの好きとは違って,一般のユーザーが買おうという気にはならないと思うよ。

売る気がないか,やる気がないか,見てみないふりをしているか,どれだろ?

Amazonが,日本の出版業界に風穴を開けてくれるかと思ったのですが,始まってみれば,他の電子書籍と同じような価格と品揃え…。今のところは,ちょっと残念です。

Kindlepaperwhite25dscf1590

著作権の切れた本など,無料でダウンロードできる本もかなりあります。
Amazon Kindle Paperwhiteは,これまでの電子書籍端末と比べて,画面の見やすさ,ライト内蔵,クラウドバックアップなど,便利な機能も多いので,koboの対応(というか社長の)に呆れ果てて,Kindleに流れる人は多そうです。

Kindle Paperwhiteには,メールアドレスが設定されていて,自炊ファイルをメールで送信することもできます。
このあたりも難しさがないので,よく練られているなぁと思います。

価格は,残念なものの,Kindleの魅力は,もしかしたら,自費出版を今まで諦めていた人への新しいプラットフォームになるのではないかという点。

これは,ちょっと勉強してみようかなと思います。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


|

« Amazon 「Kindle Paperwhite」が,届きました。 | トップページ | 片手で食べられるハンディランチ!「スマート飯」で,パワーランチを作ってみた。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/56174984

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾン「Kindle Paperwhite」のセットアップは,あっけなかった。:

« Amazon 「Kindle Paperwhite」が,届きました。 | トップページ | 片手で食べられるハンディランチ!「スマート飯」で,パワーランチを作ってみた。 »