« お料理写真シューターに,パナソニック LUMIX 「DMC-GF6」 | トップページ | LES GIRAFES, Opérette Animalière, Tokyoを,FUJIFILM X100Sで撮ってみた。 »

FUJIFILM X100Sで,イチゴをしぼってみた。

いや,ホントに搾るわけじゃないです。
X100S,借り物ですし(笑)

17235-275-292442

今回は,
F2.0
FUJIFILM X100S F2.0
イチゴで,マクロ。

絞りを変えると画像がどう変化していくかを追っていきます。

わりと,絞り開放で,ぼかして撮るのが好きなのですが(というか,カメラ任せ),この富士フイルムのX100Sは,ちょっと気をつけなくてはいけないのは,マクロ撮影時に,レンズの開放F値2.0にして撮ると,ソフトレンズで撮ったような描写になること。

なので,被写体やシーンを選びます。
これが好きな人は,こればっかりで撮るかもしれませんね。
でも,人によっては,「おっかしいなぁ…,ちゃんとピント合わせたはずなのに…」となるかも。

だから,FUJIFILM X100Sを使うときのコツは,「絞り」。
遠景を撮る時,近景を撮る時,マクロで撮る時,レンズ固定式の35mm相当(フジノン23mmレンズ)のズームしないカメラなのですが,キャラクターの違いが出るので,1台なのに,3台分の楽しみ方があったりします。

絞りは,
FUJIFILM X100S
ここにあります(この写真のみFUJIFILM X20で撮影)

ま,それはさておき,少し,イチゴを絞ってみましょう。
F2.8
F2.8

撮影条件は,テーブルののお皿に置いたイチゴを,天井からの蛍光灯で照らして,手持ちで。

F4.0
F4.0

絞ると,数値が大きくなります。
画像的には,被写界深度といって,ピントの合う範囲が少しずつ広くなっていくのがわかります。

F5.6
F5.6

F8.0
F8.0
だんだん,後ろに置いたフォークの輪郭がはっきりしてきます。

が,これ以上絞ると,シャッタースピードが遅くなるので,手ぶれ補正機能がついていないFUJIFILM X100Sでは,ちょっと厳しくなります。

F11
F11

FUJIFILM X100SならF16まで絞ったときの「回折現象」を防ぐ,せっかくの新画像エンジン「EXRプロセッサー II」による「点像復元処理」ですが,この条件で絞り込むのであれば,三脚を立てる必要があります。

F16
F16
というか,手ブレなので,1/8秒以上は僕の限界(笑)
絞り込んで被写界深度を深くし,隅々までシャープな解像感を得られる「点像復元処理」は,光の量,露出,シーン,被写体などを撮影者が判断して,性能を引き出してあげる必要がありますね。


実写レビュー,続きます。

<PR>
カメラ選びや,写真がちょっと上手になる写真教室を随時開催しています。
twitterFacebookGoogle+から,コンタクトしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで,
ぜひ,このレビューを「みんぽす」で評価してください。
「みんぽす」の使い方

17235-275-292442

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


富士フイルムFUJIFILM X100S の最安値・在庫・ショップ検索(楽天)
FUJIFILM デジタルカメラ X100S 1630万画素 像面位相差AF F2レンズ F FX-X100S(amazon)



|

« お料理写真シューターに,パナソニック LUMIX 「DMC-GF6」 | トップページ | LES GIRAFES, Opérette Animalière, Tokyoを,FUJIFILM X100Sで撮ってみた。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

写真教室」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/57267572

この記事へのトラックバック一覧です: FUJIFILM X100Sで,イチゴをしぼってみた。:

« お料理写真シューターに,パナソニック LUMIX 「DMC-GF6」 | トップページ | LES GIRAFES, Opérette Animalière, Tokyoを,FUJIFILM X100Sで撮ってみた。 »