« PENTAX K-7で満月を,より大きく撮る方法 | トップページ | ラグーナ蒲郡・ラグナシアのハッピーハロウィーン 2013 »

東京駅グランルーフ・グランルーフ フロント開業。

JR東京駅八重洲口の北口から南口にかけて,帆船の帆のような「グランルーフ」が9月20日にオープンしました。
ずいぶん前に,東京駅がリニューアルすると聞いたときに見た「大屋根」のデザインが,そのまま,目の前に。

white sail

正式には,グラントウキョウ・ノースタワーからサウスタワーへの最大幅9メートルの歩行者用デッキ(ペデストリアンデッキ)のある2階,商業施設の2,3階と駅側からせり出した全長約230メートルの大屋根,1階の駅前広場,地下の商店街の全部が,「グランルーフ」。で,地下の旧・キラピカ通りの部分+αを,別に「グランルーフ・フロント」と呼んでいるようです。

JR東日本は,東京駅の丸の内側と八重洲側を含めて「東京ステーションシティ」という構想を進めています。サイトは,アップデートされていなくて,ちょっとやる気を感じられませんが,東京駅が変わりつつあるのは確かです。

昨年の東京駅丸の内口の開業から約1年。八重洲口もかなり整備されてきました。


グランルーフのペデストリアンデッキ上では,壁面の緑化・ドライミストの設置や,大屋根に降った雨水や中水を植栽の灌水等へ利用する仕組みになっていて,環境や人に優しい設備となっているようです。
大屋根の素材には,ガラス繊維と樹脂が使われていて,太陽光を淡く通します。「光の帆」をイメージしているとのこと。

like a huge sail at Gran roof

歴史の重厚さを感じさせる丸の内側の赤れんが駅舎に対して,八重洲側は開放的で先進的なイメージで,対照的ですね。

night station

ここは,以前,大丸東京店などが入居していたビルを解体して,跡地を再開発したところです。

Gran roof

グランルーフに入ったショップやレストランは,15店舗。
1階と中2階は,文化をテーマにした2店の飲食店が出店しています。
日本の食文化である米を切り口に料理を提供する「東京 米 BARU 竹若」と神戸のワッフル専門店「R.L WAFFLE CAFE(エール・エル ワッフル カフェ)」

beneath the Gran roof

2階,3階は,健康をテーマにした飲食店。
2階に,オリーブオイルや野菜にこだわった「VOLPUTAS OLIVEOIL DINING TOKYO(ウォルプタス オリーブオイル ダイニング トーキョー)」,3階には「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」が出店。

ペデストリアンデッキがある2階は,ICT(Information and Communication Technology,情報通信技術)ゾーンとなっていて,「ドコモショップ」,「MOBILE accessory Premiumcafe(モバイルアクセサリープレミアムカフェ)」,「docomo M2M Square(ドコモエムツーエムスクエア)」の3ショップが出店。僕は,iPhoneユーザーなので,見られませんでしたが,このテラスでのみ反応するAndroidアプリ「東京駅スカイパノラマ」も面白そうです。

orchid line for opening

地下の旧キラピカ通りと東京駅一番街の間には,「魚」と「肉」に分かれている飲食エリア。
魚は,「ヴィットリオ ポモドーロ ツキジ」と「築地寿司清」,「山形酒菜一(やまがたさかないち)」,「築地 味の浜藤 醍醐味」,「天ぷら天喜代」,
肉は,「伊達の牛たん本舗,「神座飲茶楼」,「鳥元」,「みそかつ 矢場とん」,「ワイン食堂 旅する子ブタ」が,新たに開店。人気ラーメン店の「どうとんぼり神座(かむくら)」が,神座のあのスープを小龍包で楽しめる「飲茶」を始めたのが,面白いですね。

Yabaton, Gran Roof Front

新たに作られた地下のエリアは,飲食店10店。「Travel」(旅)がテーマなのだそうです。通路は,ギザギザな通りになっていて,見通しができないような作りになっています。通路の幅もやや狭めで,万が一のことがあったときの避難経路としては,やや危険な感じ。少し歩いてきましたが,どのお店も,お客さんでいっぱいで混雑していて,行列ができているお店もチラホラ。少し落ち着いて来た頃に,ゆっくり使いたいなとは思います。

旧キラピカ通りは,今までと似通った「カフェ・マイアミ ヴィッラ」,「噺屋」,「ACORN(エイコーン)」,「メゾン デ ロブロス ビュッフェ アンド デザート」,「カメラのキタムラ」,「キタムラK2」,「Enzo(エンツォ)」,「AMO’S STYLE by Triumph」などが,新装開店。同じお店なら,そのまま残しておけばいいのに…と思ったのはヒミツ。お店の場所はけっこう移動してます。場所取り合戦とかあったのかな。カメラのキタムラは,中古レンズのショーウィンドウが奥に入ってこぢんまりとしてしまって,ちょっと…。

ここは,改札外なので,対象は,東京駅の八重洲側に職場がある人なのでしょうね。
八重洲口には,古くから飲み屋街があるので,あまり競争にはならないでしょうが,新参のグランルーフフロントのお店は,ちょっと頑張らないといけないかもしれません。地の利はあるけど,価格的にね。さらに,オフィシャルサイトが,オフィシャルサイトとして認識されていないのが,とてもまずい状態に感じます。

oralysis
ま,個人的に気になるお店は,サウスタワーのこのお店だったりするのですが。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


|

« PENTAX K-7で満月を,より大きく撮る方法 | トップページ | ラグーナ蒲郡・ラグナシアのハッピーハロウィーン 2013 »

GR」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/58234605

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅グランルーフ・グランルーフ フロント開業。:

« PENTAX K-7で満月を,より大きく撮る方法 | トップページ | ラグーナ蒲郡・ラグナシアのハッピーハロウィーン 2013 »