« 神戸・「モザイクハロウィン仮装コンテスト」改め,「umie Happy Halloween!」 | トップページ | 紗々さんの「キリトリ線。」とMerrillで体験するポートレイト撮影会 ~SIGMA Merrill / EIZO ColorEdge体験イベント~ »

真のローパスフィルターレス一眼レフカメラ「PENTAX K-3」 ファーストインプレッション

というわけで,予習を済ませたので,モノフェローズ向けにイベントを用意して頂いたので,さっそく発表されたばかりの「PENTAX K-3」に触れてきました。

実写レビューは,こちら

PENTAX K-3 LOGO

17644-275-293494

2009年のPENTAX K-7では,コンパクトなボディに防塵防滴仕様,さらには,100%視野率の光学ファインダー搭載と,クラス内で抜きんでた一眼レフを発表,
続く2010年には,ISO51200の高感度対応で暗所の撮影が手軽に,さらに7コマ/秒の高速シャッターを搭載したPENTAX K-5,

そして,2012年に,光学ローパスフィルターレスのPENTAX K-5IIsで,超低輝度-3EVに対応したAFを搭載。

comparison between K-5II, K-3
PENTAX K-5IIとK-3の比較,進化したポイント
(PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影(リサイズあり))

PENTAX K-3 LOGO

PENTAXブランドの一眼レフは,コンパクトで独創的な技術とアイデア,高画質で,他メーカーと差別化を図ってきました。で,今度のPENTAX K-3は,光学ローパスフィルターを搭載せずに,擬似的にローパスフィルター(LPF)のON・OFFとLPF効果の度合いまで調整できるようになりました。

画質的には,ローパスフィルターレスの方が,解像度が上がるのですが,どうしても,LPFがないと,モアレや偽色が出ることがあります。ニコンのD800/D800EやPENTAX K-5II/5IIsでも,LPFの効果の有無は,カメラを変えないと選択できませんが,PENTAX K-3なら,「ローパスセレクター」で,LPF OFF, type 1, type 2と効果を選択できるようになりました。

low- pass filter selector, Anti-aliasing 'simulator'
「ローパスセレクター」は,メニューから,
low- pass filter selector, Anti-aliasing 'simulator'
選択できます。

K-3には,今までのPENTAXの一眼レフと同じようにボディ内の手ぶれ補正機構「SR」が内蔵されています。これは,撮像センサーを直接駆動させて,手ブレを打ち消す機構ですが,それ以外にも,「自動水平補正」,「構図微調整」,「アストロトレーサー」,そして「ローパースセレクター」がこの機構を使っています。

「ローパースセレクター」は,露光中にセンサーをサブピクセル精度で微小振動させて,偽色やモアレを軽減させるという,超力業。でもフィルターを使わずに,擬似的にLPFと同様の性能を追加させることができるというすごいアイデアです。しかも,手ぶれ補正機構も活かしたままで使えるという…。「サブピクセル」って,1ピクセルより小さいってことですよ。人間の目で見ても動いているのがわからないよね。すごいなぁ。

1600万画素センサーのPENTAX K-5 IIsから,2400万画素のPENTAX K-3では,当然,解像性能が大幅に高くなっています。
ローパスフィルターレスのセンサー搭載のデジタルカメラでは,モアレや偽色が避けられないので,これを目立たなくする処理を,画像エンジンが受け持っています。つまり,光学ローパスフィルターレスでも,もとの解像度のまま画像としてでてくるわけでは,どうやらなさそうです。

そこで,PENTAX K-3のアドバンテージが出てきます。
「ローパスセレクター」を[OFF]にして「真の」ローパスフィルターレスで,思いっきり解像度を上げた写真も撮れるし,ローパスフィルターの効果も,解像感とモアレとのバランスを重視した[TYPE1],モアレ軽減を重視した[TYPE2]から選べるので,カメラ1台で,二役(というか2.5役くらいか)をこなせる,お得なカメラというわけ。

なので,現行機の中で,最もローパスフィルーターレスらしいカメラが,「PENTAX K-3」だというわけです。

実際に,ピクセル等倍の,ローパスセレクターOFF,TYPE1,TYPE2の画像も見せてもらいましたが,たしかに,解像感が違います。これをユーザー設定として記憶させておくことも可能なので,使い勝手はとても良さそうです。

RICOH LOGO is here
話題沸騰の「RICOH」のロゴは,ここに。
んなもん,気にすんなって(笑)。

あとは,AFボタンの位置は,絶妙でしたよ。
これも,問題ありません。

さて,最初にPENTAX K-3を手にしたPENTAXの一眼レフユーザーが,戸惑いそうなポイントを二つほど。

一つは,PENTAX K-3では,AFのモードが増えたので,
AF mode button is here!
今まで,このあたりにあった「C」のセレクトポイントがなくなりました。

被写体に合わせて,27点オート,セレクト,スポットの他にも,使用する測距点を9点に制限して「ペンタックスリアルタイムシーン解析システム(長いよ!)」が,自動的に被写体を検知してピント合わせと追尾を行う「ゾーンセレクト」
さらに,27点中の任意の1点を選択,その1点で合焦した被写体が動いた場合は,周囲の測距点を使用して捕捉する「セレクトエリア拡大」,もちろん,コンティニュアスAF(AF.C)も選べます。
で,AF.Cの場合,1コマ目の動作を「フォーカス優先」・「オート」・「レリーズ優先」から,連続撮影中の動作を「フォーカス優先」・「オート」・「コマ速優先」から,別々に選んで設定することができます。

setting information
なので,上の写真にあった「AFモード」というボタンを押しながら,シャッターボタンの前にあるダイヤルを回すと「AF.C」が選べるというわけです。

で,もう一つ,戸惑うであろうポイントが,「カスタムイメージ」はどこ?
AF setting
デフォルトが,こんな感じでAFのゾーン選択になっているので,「人物」のカスタムイメージで撮りたいなんてときは,ちょっと焦ります。が,

toggle button for monitor screen
ここにある,このボタンを押すと,機能が入れ替わって,選べるようになります。

なので,この2つを知っているだけでも,「体感トーク&ライブ」で,慌てずにすみます,たぶん。

で,続いて,実際にPENTAX K-3で撮影した画像を公開しています。

あ,「プレミアムシルバーエディション」売り切れ,間近みたいですよ。 ←完売(10月11日)だそうです。

PENTAX K-3 PREMIUM SILVER EDITION プレミアムシルバーエディション バッテリーグリップD-BG5 Silver、限定ストラップ付 の価格・在庫・ショップ検索(楽天)
考えている人は,お早めに。


<参考>
オフィシャルページ
写真で見るPENTAX K-3 新機能「ローパスセレクター」を搭載したKマウントフラッグシップ機(デジカメWatch)

<PR>
カメラ選びや,写真がちょっと上手になる写真教室を随時開催しています。
twitterFacebookGoogle+から,コンタクトしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで,
ぜひ,このレビューを「みんぽす」で評価してください。
「みんぽす」の使い方

17644-275-293494

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


PENTAX K-3の最安値・在庫・ショップ検索(楽天)
PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3 ボディ ブラック ローパスセレクタ 最高約8.3コマ/秒・最大約60コマ高速ドライブ -3EV低輝度対応 15532(amazon)
PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3 18-135WR レンズキット ブラック ローパスセレクタ 最高約8.3コマ/秒・最大約60コマ -3EV低輝度対応 15543(amazon)


|

« 神戸・「モザイクハロウィン仮装コンテスト」改め,「umie Happy Halloween!」 | トップページ | 紗々さんの「キリトリ線。」とMerrillで体験するポートレイト撮影会 ~SIGMA Merrill / EIZO ColorEdge体験イベント~ »

PENTAX」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/58354796

この記事へのトラックバック一覧です: 真のローパスフィルターレス一眼レフカメラ「PENTAX K-3」 ファーストインプレッション:

« 神戸・「モザイクハロウィン仮装コンテスト」改め,「umie Happy Halloween!」 | トップページ | 紗々さんの「キリトリ線。」とMerrillで体験するポートレイト撮影会 ~SIGMA Merrill / EIZO ColorEdge体験イベント~ »