« PENTAX K-3で街中フォトスナップ。実写レビュー その10 | トップページ | 築地場外で,ちょっと一息。「築地くじらのアイス屋さん」 »

カメラのイロハを体感できる。プレミアムブラケティング搭載「CASIO EXILIM EX-10」

クラブツーリズムとカシオのタイアップ企画で,EXILIM最高峰モデルEX-10の撮影体験会に参加しました。

CASIO EXILIM EX-10

EX-10は,ワンシャッターで,フォーカスと絞り,あるいはホワイトバランスと明るさなど,2つの撮影パラメータの設定値を3段階変化させて計9枚を連写するプレミアムブラケティングを搭載したコンパクトデジタルカメラの最新機種です。



≪国内/テーマのある旅特集!≫クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら

CASIO EXILIM EX-10
「CASIO EXILIM EX-10」は,有効画素数1210万画素の1/1.7型高速CMOS(裏面照射型)撮像素子を搭載。レンズは,35mm判換算:約28~112mmで,F値:F1.8(W)~F2.5(T)と光学4倍ズームで,かなり明るいズームレンズとカシオお得意のHSテクノロジーで連写で,30枚/秒を達成したフラッグシップ機です。

まだ,こんなシンプルな型番が残ってたんですね。覚えやすい!

CASIO EXILIM EX-10
液晶モニターは,チルト機構(上180度、下55度)付きで921,600ドット3.5型TFTカラー液晶。
モニターが,デカい!!

CASIO EXILIM EX-10
チルトさせると,電源がONになるのも,ちょっと珍しいですね。

CASIO EXILIM EX-10
ボタン類は,シンプルで分かりやすいところについています。

CASIO EXILIM EX-10
スイッチオンで,起動も速く,すぐに撮影に移れます。
起動時間 約1.30秒
AF時間 約0.14秒
レリーズ • タイムラグ 約0.014秒
撮影間隔 約0.27秒
とのこと。

あれ?このレンズカバー,どこかで見たような…(笑)。

CASIO EXILIM EX-10
で,EX-10の一番のウリの撮影機能は「プレミアムブラケティング」。

一度シャッターボタンを押すと,
CASIO EXILIM EX-10
「フォーカスを合わせる場所」と「絞りの開き具合」など2種類の撮影設定(パラメータ)を変化させながら9枚を連写するというこの機能です。

絞りを変えて撮影したり,シャッタースピードを変えたり,明るさ,ホワイトバランスなどを変えたり…って,いろいろ悩みながら,撮影していることが多いのですが,この「プレミアムブラケティング」を活用すれば,悩むことなく一度で様々なパラメータを調整した写真が揃ってしまうという,便利なもの。

さっそくちょっとやってみましょう。
被写体も準備していただいていました。

CIMG0818
CIMG0819
CIMG0820
CIMG0821
CIMG0822
CIMG0823
CIMG0824
CIMG0825
CIMG0826
ホワイトバランスと明るさの2軸を変化させた9枚。

普段は撮らないような写真が思いがけず撮れてしまうという偶然性も楽しめますね。

CIMG0827
CIMG0828
CIMG0829
CIMG0830
CIMG0831
CIMG0832
CIMG0833
CIMG0834
CIMG0835
コントラストと彩度の2軸を変えて撮った9枚。

CIMG0878
CIMG0879
CIMG0880
シャッタースピードを変えて撮った3枚。
シャッタースピードのプレミアムブラケティングは,さすがに同じものを同じ瞬間に撮ることは不可能なので,たぶん,3枚だけなんでしょうね。

ちなみに,普通に止まった状態を,ブラケティングせずに撮ると,
CIMG0897
こんな感じ。
デフォルトで,けっこうくっきりした画が撮れる印象です。

さらに,
CIMG0927
CIMG0928
CIMG0929
CIMG0930
CIMG0931
CIMG0932
CIMG0933
CIMG0934
CIMG0935
望遠端でもけっこう明るいレンズなので,ボケも楽しめるのですが,こちらの9枚は,焦点とボケ具合を変えて撮った9枚。

と,2軸の選択もいろいろとできて,1軸をマニュアルで設定することもできるので,ボケと絞りの関係とか,露出補正とか,カメラのイロハで,理解しようとすると,ちょっとつまずいてしまいそうな所を,なんなくフォローしてくれるのが「EX-10」。
カメラに慣れた人でも,あの時,あの設定で撮れば良かったかも…なんてことはよくあるので,いざというときには頼ってしまいそうです。

コンパクト機ですが,意外と無骨なデザインなので,大きく重く感じますが,明るいレンズなので,ある程度仕方ないところなのかもしれません。「プレミアムブラケティング」に,「ベストショット」が組み合わせてくれると,さらに便利になりそうなのですが,選択する楽しみを残しているのかもね。

「設定の取りこぼしがあると許せない」なんてヒトには,オススメのコンデジです。
一台あると,いろいろと試したくなるカシオらしいカメラです。

今回のセミナーで,クラブツーリズムで,写真撮影に特化した旅行や講座を扱っているのがわかったので,ちょっと危ない(笑)

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-10BE プレミアムブラケティング チルト構造付き3.5型液晶 1210万画素 光学4倍 ブルーブラック EX-10BE
CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-10BE プレミアムブラケティング チルト構造付き3.5型液晶 1210万画素 光学4倍 ブルーブラック EX-10BE(amazon)
CASIO EXILIM EX-10の最安値・在庫・ショップ検索(楽天)


|

« PENTAX K-3で街中フォトスナップ。実写レビュー その10 | トップページ | 築地場外で,ちょっと一息。「築地くじらのアイス屋さん」 »

写真教室」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/58724034

この記事へのトラックバック一覧です: カメラのイロハを体感できる。プレミアムブラケティング搭載「CASIO EXILIM EX-10」:

« PENTAX K-3で街中フォトスナップ。実写レビュー その10 | トップページ | 築地場外で,ちょっと一息。「築地くじらのアイス屋さん」 »