« facebookmail.comからの,ひたすら怪しい迷惑メール。 | トップページ | 浅草の昼と夜を「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」で切り取る。実写レビューその3 »

「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」を,FUJIFILM X-T1で撮ってみた。実写レビューその2

DSCF0128

富士フイルムのデジタルカメラレンズキット「FUJIFILM X-T1/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」と,
「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」を1カ月ほどお借りすることができました。

17754-275-294373

XF56mmF1.2 Rは,大口径を活かした美しい背景ボケや,35mm判換算で85mm相当の画角となるので,そう!ポートレート撮影もたっぷり楽しめる単焦点レンズです。

とにかくF1.2というレンズの明るさ!ですよ。

AFはインナーフォーカス方式。フォーカシング時にレンズの長さが変わらないので,しっかりレンズを構えることができます。「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」は,フォーカスレンズの軽量化や高精度モーターを搭載することで,高速かつ静音なAFを実現しているとのこと。

じゃ,さっそく動体予測AF&AF追従連写8.0コマ/秒を,カメラまかせで試してみましょう。

DSCF0155
DSCF0156
DSCF0157
DSCF0158
DSCF0159
DSCF0160
DSCF0161
DSCF0162
DSCF0163
DSCF0164
DSCF0165
DSCF0166

「カタタタ,カタタタ」と,リズミカルながら,ちょっと一呼吸置くような(笑)ところもありますが,軽いシャッター音とスピードで連写されていきます。 UHS-II対応のメモリーカードなら息切れしないのかも…。
高速連写時(Hモード時)でも的確にAF追従します。「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」が明るいレンズだからなのかもしれませんが,いや,これは,全く問題ありませんね。

使用しているメモリーカードは,X-T1のモニターが決まったので,あらかじめ,高速SDカード「サンディスク エクストリーム・プロ 16GB」を購入しておきました。

◇ 【16GB】 SanDisk/サンディスク エクストリーム・プロ Extreme Pro SDHCカード class10 UHS-I対応(楽天)
SanDisk Extreme Pro SDHC カード 16GB 超高速95MB/秒 SDSDXPA-016G 海外輸入パッケージ品 並行輸入品(amazon)
あ,FUJIFILM X-T1は,UHS-IIにも対応しています。

と,ここまで書いて,設定を確認したところ,「ハイパフォーマンスモード」がOFFになってました。
たしかに,起動から速くなりますね。ここぞってときは,ONにしておくと良さそうです。

DSCF0178

最短撮影距離は,70cm。
マクロではない中望遠レンズとしては,こんなものでしょうか。
ちなみに,X-T1のマクロのボタンを押しても,押さなくても70cmは,変わりません。

DSCF0180

背景のボケ方が,自然で,キレイです。

DSCF0183

絞り開放だと,焦点の合うところ(被写界深度)が,かなり狭く(浅く)なりますね。
合焦した部分の解像感もイイ感じです。

DSCF0191
ちょっと意地悪な撮り方もしてみました。
まぁ,これはこれで意図した通りなので,楽しいですね。
光芒を出せるレンズ,好きなんですよ。あ,これは付属のレンズフード,つけてません。

elephant

長く外の空気と光線にさらされたタイルの質感,

turtle
ボケと光線の回り込み具合で,幻想的にさえ見えてきます。これも絞り開放。

slide
絞り開放で撮る時は,どこに合焦させるか,撮影者の意図もしっかりさせておかないといけませんね。
被写界深度は,けっこう薄いです。

DSCF0201
中望遠のレンズを縦に使うことで,さらに画角を狭めて,画面の上下の流れに集中させることもできます。

DSCF0202
縄の質感や立体感も伝わってきます。
御神木だろうに、蜘蛛の巣をはらせちゃうのは、どうなんだろう…?とかね(笑)。

DSCF0203
白を白く撮るのは,オートホワイトバランスが正確じゃないとね。

ただ,ひとつ,問題が…。
DSCF0206

レンズが明るすぎて,暗めに露出補正しようとしても,補正しきれないことがわかりました。

DSCF0207
いろいろ調整してみて,これが限度。

もちろん,絞りオート,ISOオート,シャッタースピードオートなら,それなりの所におさまってくれますが,せっかくのF1.2のレンズの明るさ,使ってみたくなるじゃないですか。
なので,
X-T1を昼間,明るいところで使うなら,NDフィルターが必要になりますね。

Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロND16 (W) 62mm 光量調節用 262443
Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロND16 (W) 62mm 光量調節用 262443(amazon)

「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」のフィルター径は62mmです。

ついでに,絞りと背景のボケ具合の関係を見ておきましょう。

F1.2 DSCF0233
F1.2

F1.4 DSCF0234
F1.4

F1.6 DSCF0235
F1.6

F1.8 DSCF0236
F1.8

F2.0 DSCF0237
F2.0

F2.2 DSCF0238
F2.2

F2.5 DSCF0239
F2.5

F2.8 DSCF0240
F2.8

F3.2 DSCF0241
F3.2

F3.6 DSCF0242
F3.6

F4.0 DSCF0243
F4.0

F4.5 DSCF0244
F4.5

F5.0 DSCF0245
F5.0

F5.6 DSCF0246
F5.6

F6.4 DSCF0247
F6.4

F7.1 DSCF0248
F7.1

F8.0 DSCF0249 face detection
F8.0 なぜかこの写真,「顔認識」されちゃいました(笑)。
どこだかわかります?

F9.0 DSCF0250
F9.0

F10 DSCF0251
F10

F11 DSCF0252
F11

F13 DSCF0253
F13

F16 DSCF0254
F16

と,絞りは1/3ステップでコントロールすることができます。
もうちょっとクリック感がある方が好みかな。かなり軽い力で絞りリングは動きます。

Auto aperture DSCF0255
ちなみに絞りAだと,こんな具合。

claw sharpening
爪研ぎ中,失礼。

colored pencil
街中スナップもかなりクリアかつシャープに切り取ってくれます。
あ,色鉛筆ですけど。

Budda
顔認識,してくれました。

pansy gradation
前ボケ,後ろボケで,グラデーションっぽく。

plum tree flower blooming
露出補正と絞りと色合いと画面を確認しながら撮れるのがミラーレス方式のカメラのいいところですね。

絞り開放で使ってみたいレンズですが,多少絞ると,合焦させた部分の解像感とボケとのバランスもかなり変えることができるので,ま,好みで,作画意図を写真に反映することができるのが楽しいですね。

まだまだ,いろいろ撮っていきます。


<PR>
カメラ選びや,写真がちょっと上手になる写真教室を随時開催しています。
twitterFacebookGoogle+から,コンタクトしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで,
ぜひ,このレビューを「みんぽす」で評価してください。
「みんぽす」の使い方

17754-275-294373

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R
FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R(amazon)
FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56mmF1.2 Rの最安値・在庫・ショップ検索(楽天)

FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B
FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B

富士フイルム FUJIFILM X-T1【レンズキット/デジタル一眼】
富士フイルム FUJIFILM X-T1【レンズキット/デジタル一眼】

富士フイルム X-T1の価格・在庫・ショップ検索(楽天)

楽天デジイチランキング

|

« facebookmail.comからの,ひたすら怪しい迷惑メール。 | トップページ | 浅草の昼と夜を「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」で切り取る。実写レビューその3 »

FUJIFILM」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/59249142

この記事へのトラックバック一覧です: 「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」を,FUJIFILM X-T1で撮ってみた。実写レビューその2:

« facebookmail.comからの,ひたすら怪しい迷惑メール。 | トップページ | 浅草の昼と夜を「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」で切り取る。実写レビューその3 »