« FUJIFILM X-T1とXF56mmF1.2 Rの開放で切り取る2014年の桜 | トップページ | そろそろ重い腰を上げなくちゃ。Windows XPのサポート終了。 »

フルサイズで1,220万画素という贅沢。デジタル一眼カメラ「α7S」

ソニーから,新開発の有効約1220万画素35mmフルサイズ Exmor® CMOSイメージセンサーを搭載し,新世代BIONZ X™との組み合わせにより,常用ISO100~102400,拡張50~409600の圧倒的な高感度・低ノイズ撮影を可能にしたレンズ交換式ミラーレス一眼カメラ「α7S」が発表されました。

Sonyalpha7s

「α7」,「α7R」に続く3台目のフルサイズEマウント機になります。

「S」は「Sensitivity」の「S」とのこと。
「S」のロゴが青なのも,αシリーズでは,ちょっと珍しいですね。


ISO感度が,409600までって,すごいですね。

約2400万画素のα7と約3600万画素のα7Rとの大きな違いは,やはり画素数。
α7Sは,約1200万画素。
35mmフルサイズのセンサーを搭載しているので,画素数が少なくなるほど,1つの画素あたりの面積は大きくなるため,光を受け取りやすくなります。

フルサイズで1200万画素というのは,もったいない気もしますが,かなり贅沢な使い方でもありますよね。静止画の鮮鋭度は,α7Rになるのでしょうが,α7Sの強みは,動画。

α7Sは,フルサイズセンサーとして初めて画素加算のない全画素読出しに対応し,4K(QFHD:3840×2160)出力や120fps/720のハイスピード撮影も可能になっています。

静止画のファイルサイズは,フルサイズ機としては小さくなるはずなので,画像の取り回しは,他のα7シリーズのカメラより楽になるのも,ちょっと魅力的です。ま,フルサイズ機用のレンズは必携ですけれど。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« FUJIFILM X-T1とXF56mmF1.2 Rの開放で切り取る2014年の桜 | トップページ | そろそろ重い腰を上げなくちゃ。Windows XPのサポート終了。 »

SONY」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/59431896

この記事へのトラックバック一覧です: フルサイズで1,220万画素という贅沢。デジタル一眼カメラ「α7S」:

« FUJIFILM X-T1とXF56mmF1.2 Rの開放で切り取る2014年の桜 | トップページ | そろそろ重い腰を上げなくちゃ。Windows XPのサポート終了。 »