« 「塩顔男子」にはほど遠いけど,塩分は補給できる。「熱中対策水 レモン味」 | トップページ | フルサイズで1,220万画素という贅沢。デジタル一眼カメラ「α7S」 »

FUJIFILM X-T1とXF56mmF1.2 Rの開放で切り取る2014年の桜

sakura sky

富士フイルムのデジタルカメラレンズキット「FUJIFILM X-T1/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」と,「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」を1カ月ほど試用することができました。さらに「フジノンレンズ XF23mmF1.4 R」はあともう少し借りていることができます。せっかくの桜のシーズン,ちょっとじゃじゃ馬な56mmを使って,桜を撮ってみたくなりますよね。

17754-275-294454

昼間の撮影で,XF56mm F1.2 Rを,絞り開放(F1.2)で使うと,
bokeh castle
どうしても,こんな感じの露出オーバーな写真ができあがってしまいます。

なので,F4.0まで絞ると,
Sakura with bokeh castle
少しボケ具合も変わってきて,背景もなんとなくわかるようになります。

Chiba Castle and cherry blossoms
F1.2(開放)と,

Chiba Castle and cherry blossoms
F16。
絞ると,キリッと引き締まって,ずいぶんと印象が変わります。

昼間は,絞って使わないと,同じような写真を量産することになります。
ま,それはそれで,楽しいのですけれど。
あとは,NDフィルターをかますという手もありますね。

Sakura on a fine day
青空と桜。この時期,花曇りだったり,春の嵐だったり,なかなかこの組み合わせで撮ることができないので,「撮れる!」と思った時には,積極的に外に出て行かないとダメですよね。
でも,花粉が…。いやぁ,つらかった(笑。

Japanese drum team "SAI" 04
和太鼓グループ 彩
激しい動きも,明るいレンズだから,比較的短いシャッタースピードで捕らえることができます。

で,この「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」は,室内や夜に,実はとても便利なレンズなのです。
ま,ポートレイト用なんていわれていますが,それだけで使うには,もったいないくらい。

Sakura Chocolate Frappuccino with strawberry flavor topping 04
サクラ チョコレートフラペチーノ

Sakura night building

Sakura bright bokeh
F1.4

Sakura river reflection

夜は,このレンズのF1.2という明るさを利用して,手ブレを予防することができるのも,ポイント。
レンズそのものには手ぶれ補正機能はついていません。

Sakura street
F1.2の絞りだと,ピントの合う範囲がとても薄くなるので,どこをボカして,どこを浮かび上がらせるかを考えながら写真を撮るのが,また楽しいですよね。

「XF56mm F1.2 R」は,画角にして,35mmフィルム版で85mmと中望遠のレンズなので,「切り取る」とタイトルには書きましたが,寄ったり,引いたりで,風景も,桜も,けっこういけますね。


<PR>
カメラ選びや,写真がちょっと上手になる写真教室を随時開催しています。
twitterFacebookGoogle+から,コンタクトしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで,
ぜひ,このレビューを「みんぽす」で評価してください。
「みんぽす」の使い方

17754-275-294454

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B
FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B

富士フイルム FUJIFILM X-T1【レンズキット/デジタル一眼】
富士フイルム FUJIFILM X-T1【レンズキット/デジタル一眼】

富士フイルム X-T1の価格・在庫・ショップ検索(楽天)

FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R
FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56MMF1.2 R(amazon)
FUJIFILM フジノンXFレンズ F XF56mmF1.2 Rの最安値・在庫・ショップ検索(楽天)

楽天デジイチランキング

|

« 「塩顔男子」にはほど遠いけど,塩分は補給できる。「熱中対策水 レモン味」 | トップページ | フルサイズで1,220万画素という贅沢。デジタル一眼カメラ「α7S」 »

FUJIFILM」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/59424884

この記事へのトラックバック一覧です: FUJIFILM X-T1とXF56mmF1.2 Rの開放で切り取る2014年の桜:

« 「塩顔男子」にはほど遠いけど,塩分は補給できる。「熱中対策水 レモン味」 | トップページ | フルサイズで1,220万画素という贅沢。デジタル一眼カメラ「α7S」 »