« 梅雨の合間に | トップページ | <PR>すきまの時間に,つい手を伸ばしてしまう「パパピンボール」 »

ピリ辛ホットな,大人のお子様ランチ。新川・シュングルマン

SHUNGOURMAND lunch

最近,僕のSNSでのタイムラインに,頻繁に登場するようになった,「シュングルマン」。
前は,何度か通ることがあったのですが,平日休みの日に,ちょっと行ってみることに。

カテゴリーは,ビストロになるのかな。
東京メトロ八丁堀駅から,すぐのところにあります。


ランチタイムの時間が変わったようで,午前11時45分からになっていました。
僕は,ちょうど12時頃に着きましたが,80%ほど席は埋まっているように見えました。

ランチの種類は,3種類。
すべて,肉中心のワンプレートランチで,S,M,L。
S,Mは,サイズの違いで,Lは,料理のグレードが違うようです。
Sは,1,200円,Mは,1,600円,Lは,ランチスタート時よりちょっぴり値段がアップしていて2,200円。

Lは,もちろん気になったのですが,まずは,初めてなので,Mで。

green beans cold soup
店内は落ち着いた雰囲気。まぁ,ランチの値段にしては,ちょっと高めですから,そういう層が来ているんですよね。二人ぐらいで来ているお客さんが多いので,騒々しくはないのがありがたいです。

最初に運ばれてきた,小さなグラスに入った新緑豆の冷製スープ。
いや,これ,美味いじゃないですか!
ちょっぴり塩味が効いていて,豆のコクがぐっときます。さっぱりしていて,美味しい。
もっと飲みたいなと思って,まわりを見回すと,他のお客さんも,一度ぐっと飲み干して,グラスをテーブルに戻せずにもう一回グラスを逆さにして口にもっていって,名残惜しそうにしてる人がチラホラ。
まぁ,このサイズだから,いいんでしょうね。

これから出てくるランチ,期待できそうです。ええ,スープは,序章にすぎなかったのです。

プレートが運ばれてくる前に,ドレッシングやソースが運ばれてきました。
dressing
左は,マスタード,真ん中は,トムヤムクンのペースト,右は野菜のドレッシング。
トムヤムペーストなんて,珍しいですね。

で,お待ちかねのランチの本体も運ばれてきました。
one plate lunch
「お子様ランチ」ですから,ちゃんと旗が立ってます。
こういうので,クスッとさせるのも,巧いなと思います。
この旗一本で,だれがなんと言おうと「お子様ランチ」になってしまいます。

まず,手を伸ばしたのは,
grilled pork
もち豚ロースの塊のグリル。
なに,これ,美味い!
もう,切って口の中に入れただけですが,下味だけで,十分美味しいです。
火の通し方とか上手なんだろうなぁ…,脂身も美味しいんですよ。
これは,インパクトのあるお肉だなぁ。

salsiccia
次は,太めの腸詰め「サルシッチャ」です。
香りがいいし,肉のつまり具合の食感もいいですね。
フェンネル(ウイキョウ)ですか,胃にも優しそうです。
このサルシッチャは自家製とのこと,美味しいので,買って持って帰りたい人もいるのでは?

Neapolitan spaghetti
で,箸休めにって思って食べた付け合わせのナポリタンが,すごかった。
いや,このナポリタン,付け合わせなんてレベルじゃないですよ。
作りたてのパスタに,ピリ辛のソース。十分,このメニューだけで,一品料理としていけるじゃないですか。
パスタは,太めでコシがあってモチモチしてて,具が良いバランスで絡んだソース。箸休めにならない高クオリティです(笑)。パスタは,北海道産小麦「傾奇者」製。どうやら,つけ麺などにも使われる小麦のようですね。なるほど!

hamburg steak

で,今日一番のインパクトになるかと思われたのが,この熟成短角牛の入ったハンバーグ。
なんだろう,レバーペーストが入っているのかな,この香りが気になって,僕は,ちょっとダメでした。大人のグルメ向けなのかな。ただ,トムヤムペーストとマスタードソースをつけると,だいぶ感じは変わりますし,食べやすくなるのですが,ペースト状の部分の食感もどうも…,僕とはこのハンバーグは相性が今ひとつです。見た目は粗挽きで,美味そうなんですけれどね。切ると肉汁がじわぁ〜っと出る,わかりやすいハンバーグの方が,僕は好みのようです。やはり,2200円出すべきだったか…。

spicy frit chicken
で,こちらは,ソースに隠れて,わかりにくいですが,大山(だいせん)鳥のフリット。ネパール産の有機スパイスのソースとのことですが,簡単に言うと,鳥からカレーですね。半分に切ったゆで卵がふたつ(つまり卵一個分)入ってます。あ,これが,箸休めでしたね。
ソースをご飯に,このままかけて,食べたいくらい。肉厚な鳥肉フリットが,口の中を刺激してくれます。
ご飯は,お代わり自由なので,このカレーソースを堪能したくて,1回お代わりしました。

全体的にピリ辛なものが多いので,たしかにそういう意味でも大人向けのお子様ランチでしょうね。

5月19日にオープンしたばかりで,ランチは,その後にスタートしているので,まだ,オペレーションが熟れてないように感じることもありましたが,スタッフは,常ににこやかで,声をかければすぐに反応してくれるので,これから,ますます,ランチも魅力的になっていくのではないでしょうか。

旗を裏返してみたら,
have a wonderful afternoon flag
「素敵な午後になりますように♪」
ニクいなぁ。

今度は,夜,ゆったりと訪ねてみたいですね。

ごちそうさまでした。

シュングルマン
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ダイニングバー | 八丁堀駅茅場町駅宝町駅

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 梅雨の合間に | トップページ | <PR>すきまの時間に,つい手を伸ばしてしまう「パパピンボール」 »

GR」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/59880139

この記事へのトラックバック一覧です: ピリ辛ホットな,大人のお子様ランチ。新川・シュングルマン:

« 梅雨の合間に | トップページ | <PR>すきまの時間に,つい手を伸ばしてしまう「パパピンボール」 »