« 「CANON GRAND PRESENTATION 2014」で,「EOS 7D Mark II」,ファーストインプレッション | トップページ | KOKUYO・「CamiApp S」の文字認識の仕組みと認識率。「運用編」 »

けっこう,簡単。KOKUYO・デジタルノート「CamiApp S」の設定手順

CamiApp S発表日に,コクヨ S&Tのイベントに参加して,その後,参加者に貸与されたデジタルガジェット「CamiApp S」を,1カ月ほど使っているのですが,まだ,記事にしていなかったので,まずは,設定手順から。

「CamiAPP S」は,専用の紙に書いた絵や文章などの写真を撮って,スマートフォンやタブレットにデジタル化して記録するだけでなく,文字を認識して,テキストデータとしても保存しておくことが可能な,新しいデバイスです。

すでに9月5日に発売されています。


まずは,スマートフォン専用のアプリをダウンロードしておきます。

CamiApp
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

モニター機として貸し出されたのは,iPhone,iOS用の「メモパッドタイプ」
コクヨ デジタルノート CamiApp S メモパッドタイプ iOS版 NST-CAS-P5-AM
コクヨ デジタルノート CamiApp S メモパッドタイプ iOS版 NST-CAS-P5-AM(Amazon)

KOKUYO CamiApp S seting up 01
専用のノートも付いてきました。

KOKUYO CamiApp S seting up 02
ノートは,A5サイズ。

KOKUYO CamiApp S seting up 03
CamiApp Sの本体には,粘着テープがあるので,剥離フィルムを剥がして,ここにノートを貼り付けます(外すことも,もちろんできます)。

KOKUYO CamiApp S seting up 04
ぴったり収まります。

KOKUYO CamiApp S seting up 05
設定法法は,難しいことはなく,忘れても,ノートの最初に,説明があるので,安心。

KOKUYO CamiApp S seting up 06
ここにチェックを入れると,データがセーブされます。

KOKUYO CamiApp S seting up 07
専用のボールペン。

KOKUYO CamiApp S seting up 08
先端にコイルが巻かれているのが,ちょっとわかります。

KOKUYO CamiApp S seting up 09
買ったばかりの状態だと,ペンには,専用のインクと芯が入っていないので,自分で,セットします。

KOKUYO CamiApp S seting up 10
ボールペンのキャップを戻します。

KOKUYO CamiApp S seting up 11
CamiApp Sのインジケーター類は,こちらにあります。

KOKUYO CamiApp S seting up 12
電源スイッチは,側面に。

KOKUYO CamiApp S seting up 13
背面に電池を入れるところがあります。

KOKUYO CamiApp S seting up 14
付属の充電池の端子の方向を確かめて,

KOKUYO CamiApp S seting up 15
セットします。充電池がブラザー製ってのが,ちょっと面白いですね。

KOKUYO CamiApp S seting up 16
カバーを戻します。USB端子がついているので,こちらから,パソコンなどのUSB端子とつなげて,充電します。

KOKUYO CamiApp S seting up 17
電源を入れます。

KOKUYO CamiApp S seting up 18
iPhoneのBluetoothの設定画面を出して,「ON」にします。

KOKUYO CamiApp S seting up 19
Bluetoothで,iPhoneとCamiApp Sを認識したのを確認して,CamiAppのアプリから,ペアリングします。
ここが,ちょっと複雑だったかな。

KOKUYO CamiApp S seting up 20
続いて,専用ノートの1枚目のページにあるチェックボックスAと, 

KOKUYO CamiApp S seting up 21
それから,Bの部分にチェックを入れます。

KOKUYO CamiApp S seting up 22
これで,どのタイプのノートが,CamiApp Sにセットされているのか,CamiApp Sに認識させることができました。

今回は,罫線タイプのノートをセットしています。

KOKUYO CamiApp S seting up 23
専用ペンを使って,何か書き始めると,LEDのインジケータがオレンジ色になります。
書く度に,筆跡がデジタルデータとして保存されていきます。

KOKUYO CamiApp S seting up 24
最初は,この手順を,デジタルメモ化してみました。

最後に,右下のチェックボックスにチェックを入れて,iPhoneに転送!

Img_9935

Img_9937

無事に,認識されているようです。

セットアップは,こんな感じですが,とても簡単。
ちょっと儀式みたいで,楽しいですね。

「運用編」に続きます。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 「CANON GRAND PRESENTATION 2014」で,「EOS 7D Mark II」,ファーストインプレッション | トップページ | KOKUYO・「CamiApp S」の文字認識の仕組みと認識率。「運用編」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/60392488

この記事へのトラックバック一覧です: けっこう,簡単。KOKUYO・デジタルノート「CamiApp S」の設定手順:

« 「CANON GRAND PRESENTATION 2014」で,「EOS 7D Mark II」,ファーストインプレッション | トップページ | KOKUYO・「CamiApp S」の文字認識の仕組みと認識率。「運用編」 »