« 「家族のタブレット」docomo Arrows Tab F-03Gのモニターを始めました。 | トップページ | カチッとハマる打感。SOLINCO TOUR BITE »

スマートグラス EPSON MOVERIO BT-200は,単なるHMDではなくて,コンピュータ端末だった!

スマートグラスで広がる世界 エプソン「MOVERIO」ブロガーイベント』に参加してきました。

R0022710edited

僕は,その昔,「Eye-Trek」という製品を買って使っていたこともあるのですが,いわゆるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)は,その後いつのまにか進化を遂げて,Googleグラスやハイビジョン対応のHMDなど,いろいろ出てきています。

R0022711edited
で,ドラゴンボールのスカウターに一番近いのが,この,EPSONのMOVERIO(モベリオ) BT-200です。

簡単に言うと,単なる映像を見るためのHMDではなくて,コンピュータ端末とディスプレイが一緒になった製品です。

なので,このEPSON MOVERIO BT-200は,もちろん,動画を見ることも,また,スマートフォンの用にインターネットをブラウズすることも,アプリを追加することも,内蔵カメラで撮影することもできる情報端末です。

エプソンといえば,プリンターが真っ先に頭に浮かびます。僕も自宅でも職場でもエプソンの複合機を使っています。でも,ほら,思い出してみて下さい。

R0022713edited

話題になったこんなウエアラブル製品,ありましたよね。テレビウオッチやリストコンピュータ,ちょっと懐かしいけど,当時最先端を行くガジェットでした。

で,この流れをくんで,
R0022702
電子ペーパーを利用したリストウォッチ,

R0022703
『PEANUTS/BEAGLE HUGスヌーピーとチャーリー・ブラウン』や,

R0022704
ゴルフスイング解析システム M-Trace

EPSON(エプソン) ゴルフスイング解析システム M-Tracer For Golf MT500G
EPSON(エプソン) ゴルフスイング解析システム M-Tracer For Golf MT500G(amazon)

R0022707
マラソンランナー用GPS+脈拍測定機能付きウオッチ「WristableGPS」

R0022709
スマートフォンと連携して,どこで,どのくらい負荷がかかっていたか,どのくらいのスピードで走っていたかなど,ランナーには,嬉しい機能が満載。

というような,ウエアラブル製品を現在でも展開しています。

その中で,
R0022712edited
ビジュアルコミュニケーションガジェットとして登場したのが,前モデルのBT-100と,今回のBT-200。


製品紹介動画があります。

このBTシリーズのHMD プロジェクトは,約5年前にスタート。
家庭内や携帯利用,エンターテイメントと情報端末としてのデバイス。

視界の中にクリアな映像が表示されます。

同様の製品として,単眼シースルー型のGoogleglassは画面が小さい。ソニーHMDは,フルクローズド。
BT-200は,両眼シースルー。外に持ち出してもらいたい。

BT-200は,移動時間を充実させてもらいたいという想いで,開発されました。
スマートフォンやPCのように,横や斜めから観ているものが,のぞき見られることがありません。外からは全く何を見ているかわかりません。さらに,イヤフォンが接続できて,サラウンドでまわりを気にせず映画を観られます。
HDMIから無線接続で、自由な姿勢で、場所を選ばないで観られるのが,特長。

モベリオでできることは,
R0022694
Wi-Fi接続で,インターネットのブラウジング,
HDMI接続で,プレーヤーやレコーダーと接続して映像視聴,
スマートフォンの画面をミラーリングして視聴,
アプリをダウンロードして,ゲームやARで遊ぶことも。
などなど…。

ARゲームの例
R0022715edted
外から見ると,普通の箱に見えますが,BT-200とアプリを通して見ると,

R0022714edited
箱の中に,ボールが!

Android端末なのですが,スマートフォンとの違いは,電話ができないことだけ。後は,Google Playからのアプリダウンロードできません。その分,専用サイトから,AR系のアプリなど,現在50種類ほどのアプリがダウンロードできます。

面白いなと思ったのは,ドローンを操作しつつ,ドローン目線で撮影することができるというもの。

R0022701

これ,いつかやってみたいなぁ。
GoProと組み合わせて,動画撮影なんていうのも面白いですね。ペットにつけて,猫目線,犬目線のビデオ撮影とか,ワクワクしてきます。

で,このBT-200,参加者全員に1ヶ月間のモニターとして貸し出されました。
R0022683

ここからは,タッチアンドトライのセッションに。

R0022685
本体は,かなりしっかりしたキャリングケースに入っています。

R0022686
中は,こんな感じ。

R0022687
スマートグラスとコントローラー兼バッテリーを接続します。

R0022689
電源スイッチは,ここ。スライドスイッチになっていて,これを長押し。

R0022688
コントローラーの表面の大部分が,トラックパッドに。

立ち上がると,
R0022690
こんな感じで,シースルーで,アイコンが目の前に並びます。
スマートフォンのホーム画面みたいな感じですね。

エプソン側のスタッフのみなさん総出で,僕らのチュートリアルをしてくれました。ありがたいですね。

R0022691
コントローラーは,少し慣れるのに時間がかかります。が,わかってしまえば,なんてことありません。
画面をスクロールさせるコツは,指を少し長めにタッチパッドに触って,ドラッグ。

R0022693
先ほどの箱のミニチュア版が配られて,ARアプリをダウンロード。
ARで見えるボールを,箱の上から,底まで運ぶゲームです。けっこう難易度高いです。

R0022697

一通り,使い方がわかったところで,Engadget日本版の編集長の鷹木さんも加わって,座談会です。

IngressをBT-200で,スマホの画面をミラーリングすれば,できるよね…と思ってたら,その話題も!
GoogleGlassで実現するといいなと思ってたのですが,もうすでに,BT-200で,理論的には可能に。
ただし,歩きスマホが推奨されていないのと同様,その使い方も「オススメできない」とのこと。
ポータルまでたどり着いたら,BT-200をかけて,ハック…なら,OKかも。

シースルーで単眼表示だと,一眼レフカメラで撮影する時と同様に,片目をつぶりたくなるのですが,BT-200では,両眼なので,表示された画像を見ながら,まわりに気を配ることもできます。逆に,動かないでいいときは,付属のシェードを暗くしたり,部屋を暗くしたりして,しっかり映像に没入することもできます。

これからの1カ月,BT-200といっしょに,どんなことができるのか,いろいろと試してみたいと思います。

とても楽しいイベントでした。スタッフの皆さん,参加者のブロガーの皆さん,ありがとうございます。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV
エプソン (2014-06-30)
売り上げランキング: 2,053
「楽天」で,現在の価格と取扱ショップと在庫検索

|

« 「家族のタブレット」docomo Arrows Tab F-03Gのモニターを始めました。 | トップページ | カチッとハマる打感。SOLINCO TOUR BITE »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/60671114

この記事へのトラックバック一覧です: スマートグラス EPSON MOVERIO BT-200は,単なるHMDではなくて,コンピュータ端末だった!:

« 「家族のタブレット」docomo Arrows Tab F-03Gのモニターを始めました。 | トップページ | カチッとハマる打感。SOLINCO TOUR BITE »