« メトロイドプライム「Federation Force」 E3 2015 Trailer | トップページ | 手書きが楽しくなるデジタルなメモツール「Livescribe 3 smartpen」 »

Xperia Z4を持って,六本木ヒルズ「祭 with Android」に行ってきた。 #Xperiaアンバサダー

祭 with Android 2015 summer

2015年6月16日〜21日の6日間, Android搭載のスマートフォンやタブレット,Android Wear,Android TVなど最新 Android端末を体験できる「祭 with Android」が開催されています。

本日まで!

せっかくなので,モニター中のSONY Xperia Z4を持って,六本木ヒルズに行ってきました。

この記事の写真と動画は,すべて,Xperia Z4で撮影したものです。

祭 with Android Hills cafe 06
ヒルズカフェは,「Android Cafe」に模様替えされて,

祭 with Android Hills cafe 05
超大賑わい。

祭 with Android Hills cafe 01
僕は,ウェアラブル端末のAndroid wearのワークショップに参加してきました。
日々のAndroid使用に役立つ内容だったので,またこれは別記事に反映させます。


Android 合唱団

300体のAndroid キャラクターたちが,さまざまなスマホやタブレットに入り込んで合唱します。
オリジナルなAndroid キャラクターをアプリから作成して,合唱団に参加させることもできます。

優しいお兄さんから,メーカーによって,「液晶の白」が違うことも教えてもらいました。

Xperia Z4の動画撮影,電子式手ブレ補正技術のインテリジェントアクティブモードの効き,すごいですね。
けっこう手ブレしてたはずなのに,再生してみると滑らかで,かなり驚かされます。
この動画機能のために,Xperia Z4を使うというのも,アリな気がしてきました。

祭 with Android Hills cafe 02
その他,Android cafeでは, 主要キャリアの 2015 年夏モデルのスマートフォンが触れる,最新 スマートフォン体験コーナーがあったり,Android Cafe オリジナルメニューが楽しめたりします。
イベント限定ワークショップ「最新ウェアラブルを使ってみよう」は,最終日の本日も,午後2時と午後5時に開催されます。

また,大屋根プラザの方まで行くと,
祭 with Android 大屋根プラザ 09

和太鼓リズムゲームに参加できたり,たこ焼き,わたあめ,ラムネのフード屋台も!

祭 with Android 大屋根プラザ 08
しかも,スマートフォンで「祭 PASS」 を提示すると,たこ焼き,わたあめ,ラムネが無料でもらえます。

太っ腹すぎる!
で,会場は,かなり凝った作りになっているので,Androidユーザーなら,是非,行ってみてほしいイベントです。

繰り返しになりますが,本日平成27年6月21日(日)までの開催です。急げ!

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

Xperia Z4便利すぎる!200のテクニック (超トリセツ)
Xperia Z4便利すぎる!200のテクニック (超トリセツ)(amazon)

Xperia Z4 Perfect Manual docomo/au/SoftBank対応版
Xperia Z4 Perfect Manual docomo/au/SoftBank対応版(amazon)
Xperia Z4 Perfect Manual docomo/au/SoftBank対応版 (楽天)

|

« メトロイドプライム「Federation Force」 E3 2015 Trailer | トップページ | 手書きが楽しくなるデジタルなメモツール「Livescribe 3 smartpen」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/61772567

この記事へのトラックバック一覧です: Xperia Z4を持って,六本木ヒルズ「祭 with Android」に行ってきた。 #Xperiaアンバサダー:

« メトロイドプライム「Federation Force」 E3 2015 Trailer | トップページ | 手書きが楽しくなるデジタルなメモツール「Livescribe 3 smartpen」 »