« Cyber-shot RX100 IV(DSC-RX100M4) 実写レビュー 「その1 外観とファーストインプレッション」 | トップページ | 佃・住吉神社「御霊遷し」 »

Olasonic 5周年記念「主力商品の試聴&交流」イベントに行ってきました。

Olasonic 03

卵形のスピーカーがどうにも気になって,モノフェローズ系のモニターも,これまであったのですが,なぜか縁がなく,ちょうど,Olasonicブランドが5周年ということで,「主力商品の試聴&交流」イベントが開催されるというアナウンスを見て,応募したところ,当選したので,五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」(コンテンツ)に行ってきました。

設計者や商品担当者のスタッフと直接製品を前にしながらお話を聞けるというかなり貴重なイベントでした。

Olasonic 04Olasonic 05Olasonic 06Olasonic 10
5年間で,Olasonicが「ブランド」に育ったというお話など。

Olasonic 07
音楽出力の小さいところでは大容量コンデンサーに充電し,出力が大きなところではその蓄えたパワーを取り出すことで、2.5ワットの入力から10ワットのスピーカーを駆動出力可能なUSBスピーカー TW-S7システムのデモ。

Olasonic 08
システムをオン・オフできるスイッチで,比較。オフだと,かなり音がパタつきますね。
使わない音をエネルギーとして貯めておくことで,立ち上がりの良さにつながるとのこと。
流された音楽が大好きなカーペンターズで,音の良さもさることながら,かなり心が動かされました。

Olasonic 09
Olasonic NANOCOMPO

NANI-UA1aに。ENACのスピーカーを繋いでいます。
ENACは、潜水艦のソナーを作っていたドイツの会社。

ピアノ奏者の息づかいまで聞こえてきそうな立体感を感じました。

「USB DAC内蔵プリメインアンプ」NANOCOMPOは,CDを3枚重ねた厚み。
こんなコンパクトなシステムから,ビックリするような音が出てきます。

でも,贅沢を言えば,他のメーカーのスピーカーではなくて,Olasonicブランドの大型スピーカーが,そろそろ出てもいい頃ではないかと思います。せっかくの超高性能なOlasonicのプリメインアンプなので,スピーカーもOlasonic製っていうのが,良いのではないかと。

Olasonic 12
拡張性が高いネットワークオーディオプレイヤーの紹介も。
スーパーオーディオのメディアは,簡単に手に入るという状態にはないけれど,インターネット経由で,音質の優れた音楽ファイルがダウンロード販売されるようになったので,物理的に「買えない」というデメリットはなくなったとのこと。

新製品のお披露目もあったのですが,書くな,写真撮影禁止とのことで,たぶん,もうすぐリリースがあるのではないかと思いますが,ええ,この流れで出てくるべくして出てくる製品ですね。

で,僕は,耳がそんなによくないので,テレビの音量をいつも大きくして家族に嫌がられるのですが(でも,CMの音量は,番組に比べて大きすぎると思います),
Olasonic 02
こちらのOlasonic TW-D7OPTに,かなり惹かれました。
もともと薄型テレビのスピーカーは,薄さによる影響で,スピーカーがないがしろにされてきているという背景はあるものの,光入力を備えたこのシステムでは,シャープな定位とクリアで臨場感ある音場を再現できる卵形のスピーカーからの音は,十分満足できる音でした。比較すると,圧倒的にTW-D7OPTの方が良いですね。というか,テレビのスピーカーでは,もう,聴けなくなります。

うん,これ買おうっと。

Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)
Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)(amazon)
Olasonic TW-D7OPT 薄型TV用スピーカー(ノーブルブラック)の最安値・在庫・ショップ検索(楽天)

ということで,Olasonic5周年にして,Olasonic初心者の僕ですが,また,イベントがあったら,是非参加したいと思います。知りたいことをきちんとうかがうことができて,また,実際の音も聴くことができて大満足のイベントでした。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« Cyber-shot RX100 IV(DSC-RX100M4) 実写レビュー 「その1 外観とファーストインプレッション」 | トップページ | 佃・住吉神社「御霊遷し」 »

GR」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Olasonic いいっすよ。

TW-D7OPT も S7/S5 も持ってます。

OPT は光入力にすると、音量調節が OPT のリモコンになるので、ちょっと面倒 & 使うのが私じゃないことが大半なので、ピン入力で使ってます。
音はピンより光入力の方がクリアに聞こえる気がします。

S7/S5 は、必要十分。コスパは相当いいと思います。
欠点は、一番低音量でもかなりの音量になることですね。 Windows のボリュームは 5 (5/100) にしてます。これ以上にすると、音が大きすぎて死にます (--;

投稿: Neko | 2015.08.01 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/61995546

この記事へのトラックバック一覧です: Olasonic 5周年記念「主力商品の試聴&交流」イベントに行ってきました。:

« Cyber-shot RX100 IV(DSC-RX100M4) 実写レビュー 「その1 外観とファーストインプレッション」 | トップページ | 佃・住吉神社「御霊遷し」 »