« 16GBのEye-Fi mobiは,残り1GBになったら,画像を全消去しろ。 | トップページ | 巨大怪獣,現る! »

東洋文庫・Orient Cafeの「ふわとろオムライス」

museum garden

整体で駒込に定期的に来ているのですが,このあたりお屋敷町だったり,六義園があったり,散歩するのにもけっこう楽しい場所。

で,前から,気になっていたオムライスが美味いと評判の東洋文庫のOrient Cafe(オリエント・カフェ)に,入ってみました。東洋文庫は,東洋学の専門図書館,研究所,ミュージアムです。東洋文庫の中を通ることなく,駐車場のスペースから,オリエント・カフェには入ることができるので,場所さえ知っていれば,わりと気軽に使えそうです。

ただし,前述したとおり,お屋敷町なので,見ているとちょっとハイソな雰囲気の年配のお客さんが団体でいたりするので,ゆったりとした時間を楽しむためのカフェ・レストランという感じかな。

夏には,きっと緑濃くなる中庭の「シーボルト・ガルテン」に面した席に通されました。

salad

注文したのは,もちろん,オムライスの入ったランチセットで「マルコポーロセット 」¥1,680 (税込)
そうそう,ここ,小岩井農場の直営店です。

新鮮なサラダと,

soup

具だくさんの濃厚なスープ。

うん,美味しい。

小岩井農場たまごのふわとろオムライス
そして,お待ちかねのオムライス。

トマトベースのソースの大海に浮かぶ島のようなオムライス。
こういうビジュアルもアリなのか…。
で,卵の下は,ケチャップで炒めたチキンライスではなくて,バターで炒めたキノコ入りライスのような,ちょっと不思議な組み合わせ。いや,不味くはないですが,オムライスの定石とはちょっと違うので,面白いなと思いました。

pickles
でね,お新香が付くんですよ。
ね?面白いでしょ?
お新香が美味い店は良い店だと思ってます。で,オリエント・カフェ,なかなか頑張ってるんじゃないでしょうか。

ホテルのラウンジのような,上質なこの雰囲気の中で,カレーライスとか,パスタとか,ハンバーグとか,ポピュラーなお料理が,ちょっとシャレた「マルコポーロ」とか「エカチェリーナ」とか,「マリーアントワネット」とかのオリエンタルな名前と味付けで出で楽しめるのは,なんだか得したような気になります。え?コスパ?なんですか?それ。

また,お昼をゆったりと過ごしに来ようかな。

オリエントカフェ
昼総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:洋食 | 千石駅駒込駅本駒込駅

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

希望するお店をネットから予約

|

« 16GBのEye-Fi mobiは,残り1GBになったら,画像を全消去しろ。 | トップページ | 巨大怪獣,現る! »

GR」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/63091313

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋文庫・Orient Cafeの「ふわとろオムライス」:

« 16GBのEye-Fi mobiは,残り1GBになったら,画像を全消去しろ。 | トップページ | 巨大怪獣,現る! »