« 写真転送アプリ「Image Sync」の コレジャナイ感。僕らは「この画像を送る」機能が欲しいんだ! | トップページ | EPSON「PULSENSE PS-600」でチャレンジモニター始めます。 »

PENTAX K-1体感&トークライブと,第1回PENTAXミーティング(東京会場)

PENTAX Meeting 2016 01

PENTAX K-1体感&トークライブの東京会場は,3月12日(土)から本日3月13日(日)まで開催。
それに合わせるカタチで,第1回のPENTAXミーティングが,トークライブ閉会後の同じ会場で開催されました。

PENTAXブランドに熱い思いをもったファン「PENTAXIAN(ペンタキシアン)」と,リコーイメージング(のPENTAXブランド部門)が,熱い時間を過ごす交流イベント。

すでに大阪で,一週間ほど前に開催され,デジカメWatchの編集長である折本さんが潜入レポートを書かれています

PENTAX K-1体感&トークライブ閉会ギリギリのタイミングで会場に到着したので,PENTAX K-1にタッチアンドトライするのは,CP+ 2016で,少し触っていたので諦めて,ガラスケースの中におさめられたK-1のパーツやスケルトンモデル(好きですねぇ(笑))を撮影。

PENTAX K-1 skeleton

shutter units

PENTAX K-1 skeleton model

PENTAPrism

AF sensor and RGB sensor

SR II (Shake Reduction)

Untitled

PENTAX Meeting 2016 02
で,このPENTAXファンのミーティング,申込期間がとても短かったにも関わらず,なんと約900名の希望者がいたとのこと。定員は約200名。抽選になんとか当たったようです。ありがたい。

Mr.Akahane at PENTAX Meeting 2016 03
リコーイメージング株式会社の赤羽昇代表取締役もリラックスした雰囲気で,ご挨拶。

でも,ロゴは,
PENTAX Meeting 2016 09
PENTAX。

会社は変わっても,ブランドは変わりませんよという心意気が感じられます。
しかも,このロゴ,大阪会場より,解像度を上げたモノを用意したとのこと。

このミーティング申し込みの時に,PENTAXのいいところ,ダメなところをあげてくださいとアンケートもありました。この900枚に上るアンケートを,赤羽社長さんも全部読んだとのこと。

以前からPENTAXは,「アンケートは全て目を通す」会社でしたが,まさか社長さんまでとは!
全部に応えたいという気持ちだそうです。

写真を撮りたい欲求に応えたい,
撮られた写真を生かす方向を考えたい。
スマホは、横に広げる
良いカメラと写真は、時を超える。時間軸で広がる。
そんなお話をされていました。

PENTAX Meeting 2016 04

続いては,商品企画部の前川泰之さん。
PENTAXレンズの使いこなし…ではなくて,

PENTAX Meeting 2016 05
「レンズマニアックス+」
大阪では,ほんとは,「採用されなかった5656レンズ」のお話をしたかったようなのです。

なぜなら,この,
PENTAX Meeting 2016 06
デカいレンズをわざわざ持っていってたから。
東京会場では,ユーザーの方が製品版のこれを持ち込んで,比較するというサプライズなシーンも。

7枚のシンプルなレンズ構造なので,鏡筒を短くできる機構を考えたところ,中がゴミだらけになって,お蔵入りになったというお話。今だったら,防塵防滴のズームレンズがあるので,なんとかなるんじゃないかな?

PENTAX Meeting 2016 07
続いて,東京サービスセンターの吉水さんのお話。
皆さんに,快適にカメラを使ってもらいたいという想い。
カメラやセンサーのクリーニングの話や,もっともっと積極的にサービスセンターを活用して欲しいとのこと。
クリーニングスティックは,シャッターボタンの半押しのチカラで…なんて,ためになるお話も。

で,冬にゴミが浮遊するので,ゴミがカメラに入りやすい季節とのこと。
でも,夏のゴミは水分を含んで,くっつくと取れにくくなるのでタチが悪い。
早めのサービスセンター来訪を。


で,お待ちかねの
PENTAX Meeting 2016 08
PENTAX自虐的企画「ここがダメだよ!!PENTAX」。
もちろん,「ここが好きだよ!!PENTAX」も,あります。

ワースト1位は,


「ここが好きだよ!!PENTAX」の第1位は,
「小型軽量」でした。
うん,たしかに,そうだ。他メーカーのカメラだと同じ性能で,1.5倍以上の大きさになることはしばしばあるからね。
で,開発チームの皆さんは,カメラの中に隙間を見つけると不安になるのだそうです。
そりゃ,詰め込みたくなりますね(笑)。

で,まだ,K-1は発売されていないのですが,
PENTAX K-1では,定期的にファームアップをしていくそうですよ。

で,もしかしたら,現在はAPS-Cサイズのみが設定されているクロップの種類も増えるかも。
なんて,突っ込んだ話も飛び出してきました。

昨日も書いたけど,Wi-Fiのアプリは,発売までになんとかして欲しいなと,切実に思います。

PENTAX Meeting 2016 10
実は会場内に入れる順番がこの数字だったというストラップは,お土産でお持ち帰りできました。
あとは,PENTAXロゴの懐中電灯などもいただきました。ありがとうございます。

そうそう,「PENTAXマニアッククイズ」は,引っかけ問題で,みごとに引っかかって,早々に敗退。
最後まで残った5名の方は,かなり筋金入りのPENTAXIANでしたよ。

あ,僕は,ちなみに,PENTAX Optio SからのPENTAXユーザーです。
筋金は入ってませんけれど。

ということで,第1回のPENTAXミーティング,楽しかった!
ユーザーとブランドの「近さ」を改めて感じることができました。ありがとうございます。

また,ぜひ,開催してくださいね。

PENTAX K-1の体験会は,
盛岡,広島,新潟,金沢,仙台,高松,静岡,鹿児島,と続きます。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


RICOH Imaging PENTAX K-1ボディの最安値ショップを楽天で検索

楽天コンデジランキング

楽天デジイチランキング

|

« 写真転送アプリ「Image Sync」の コレジャナイ感。僕らは「この画像を送る」機能が欲しいんだ! | トップページ | EPSON「PULSENSE PS-600」でチャレンジモニター始めます。 »

GR」カテゴリの記事

PENTAX」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/63338893

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX K-1体感&トークライブと,第1回PENTAXミーティング(東京会場):

« 写真転送アプリ「Image Sync」の コレジャナイ感。僕らは「この画像を送る」機能が欲しいんだ! | トップページ | EPSON「PULSENSE PS-600」でチャレンジモニター始めます。 »