« 夜桜の色が緑っぽくなったら,カスタムホワイトバランスで撮影してみよう。 | トップページ | 症状表現に,もっと「オノマトペ」を »

夜桜で,FUJIFILM X-Pro2フィルムシミュレーション

Standard/PROVIA FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
Standard/PROVIA FUJIFILM X-Pro2 XC16-50mmF3.5-5.6 OIS

17901-275-296428

FUJIFILM X-Pro2は,フィルム製造メーカーとして,「写真画質」にこだわってきた富士フイルム製のミラーレス一眼カメラです。X-Pro2は,フィルムが持っている表現力をデジタルでも表現するべく,2430万画素APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」,画像処理エンジン「X-Processor Pro」,「フィルムシミュレーション」機能が搭載されています。

フィルムメーカーの意地を具現化させたFUJIFILM X-Pro2のフィルムシミュレーションは,被写体や撮影シーン,表現意図などに合わせて,色再現と階調再現を変えて,アナログフィルムを交換するような感覚で使い分けることができます。

フィルムシミュレーションモードは,15モード用意されています。
PROVIA/スタンダード,Velvia/ビビッド,ASTIA/ソフト,クラシッククローム,PRO Neg.Hi,PRO Neg.Std,モノクロ,モノクロ+Yeフィルター,モノクロ+Rフィルター,モノクロ+Gフィルタ

この中から,代表的なモノをピックアップして,撮影してみました。

ViVid/Velvia FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
ViVid/Velvia

Soft/ASTIA FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
Soft/ASTIA

Classic Chrome FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
Classic Chrome

PRO Neg. Hi FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
PRO Neg. Hi

PRO Neg. Std FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
PRO Neg. Std

ACROS STD FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
ACROS

Monochrome STD FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
Monochrome STD

SEPIA FUJIFILM X-Pro2 Film Simulation
SEPIA

桜の場合は,クラシッククロームの渋みのあるちょっと抑えたような発色が好みかな。
被写体やシーンによって,よりマッチするフィルムシミュレーションがありそうです。それぞれ微調整もできるので,好みの設定を探していくのも楽しいですね。

というわけで,
ぜひ,このレビューを「みんぽす」で評価してください。
「みんぽす」の使い方

17901-275-296428

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フイルム ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

Amazon.co.jpでFUJIFILM X-Pro2の詳細を見る
「楽天市場」でFUJIFILM X-Pro2 の詳細と最安値を検索する

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mmF2R WR B (ブラック)
FUJIFILM フジノンレンズ XF35mmF2R WR B (ブラック)
FUJINON XF35mm F2 R WRの価格・ショップ・在庫検索(楽天)

Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount
色のりのいい繊細なオススメのレンズ↑→Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

楽天デジイチランキング

|

« 夜桜の色が緑っぽくなったら,カスタムホワイトバランスで撮影してみよう。 | トップページ | 症状表現に,もっと「オノマトペ」を »

FUJIFILM」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/63450642

この記事へのトラックバック一覧です: 夜桜で,FUJIFILM X-Pro2フィルムシミュレーション:

« 夜桜の色が緑っぽくなったら,カスタムホワイトバランスで撮影してみよう。 | トップページ | 症状表現に,もっと「オノマトペ」を »