« 東京スカイツリー・ソラマチ「たまひで いちの」のコストパフォーマンスは,どうなんだろ? | トップページ | 聴きたい曲があるかどうかではなくて,聴きたい曲と出会えるAmazon Prime Music »

「天空」で,「スター・フライト 北海道 feat. PENTATONIX」観てきたよ。

Konica Minolta Planetarium Theater "Tenku"  03

七夕の日,ふと思いついて,東京スカイツリータウンにある「コニカミノルタプラネタリウム“天空”」に行ってきました。

目的は,「スター・フライト 北海道 feat. PENTATONIX」を観るため。というか,聴くため?

スカイツリータウンにあるのが,「天空」で,池袋のサンシャインシティにあるのが「満天」なんですね。
サイズは,ほぼ同じ。ドームがやや「天空」の方が大きいようです。

クーポンとかあるかな?と思って「LINE」で友達になってみたのですが,今はその期間ではないらしく,通常料金の1200円で鑑賞。

"Star Flight Hokkaido" Konica Minolta Planetarium Theater 01

東京を離れ,北海道の,函館,札幌,小樽などの街の紹介と共に,地上の夜景の「光」と,約150年前の夜空にひろがる「光」,天空の星々が紹介されていくという40分ほどのプログラム。

Starfestival at Konica Minolta Planetarium Theater 04

ちょうど七夕の日だったので,ほぼカップルのみ。
まぁ,そんな中,目的が違うので(笑),ゆったりとしたシートにつつまれてみました。

プラネタリウムのシアターは,シネコンの映画館の1室くらいの大きさ。
わりと大きく感じました。

席は,受付のお姉さんの言いなりで,プラネタリウムのわりと後方。
見やすい席でした。視野のほぼ全部が画面になるとは言え,やはり方向はあるようで,IMAX的な感じかな。

ナレーションを担当するのは人気声優の小野大輔さん

Konica Minolta Planetarium Theater  "Tenku"02

「今,自分が見えている星の光は,もうすでに無くなってしまった星の光かもしれない」とか,ちょっとぐっと来ます。

Pentatonixの楽曲は,前編に使われているわけではなくて,いくつかのシーンで効果的に選ばれた3曲が使われていました。

Take Me Home
カテゴリ: ポップ


PENTATONIX "テイク・ミー・ホーム"(amazon)


Run to You
カテゴリ: ポップ


PENTATONIX "ラン・トゥ・ユー"(amazon)

New Year's Day
カテゴリ: ポップ


Pentatonix "ニュー・イヤーズ・デイ"(amazon)

run to youの使われ方がうまかったなぁ…。
目の前の星空と,自分と,音楽に包み込まれる感覚。
プラネタリウムって,どっちかというと教育的なもので,エンターテイメント性が少ないと思っていたので(というか,見に行くと,だいたい寝ちゃうんだよね),こういうのもお手軽だし,大好きなPentatonixの歌がクリアな星空と共に聴けたので,大満足。

あれで,北極星が自分で見つけられるようになるといいんだけど,まだ,無理だろうなぁ…。

また,面白そうなプログラムがあったら,「天空」,「満天」行ってみようと思います。
あ,北海道も,また行きたい。


- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

ペンタトニックス(最強盤)
ペンタトニックス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2016-07-27)
売り上げランキング: 262

|

« 東京スカイツリー・ソラマチ「たまひで いちの」のコストパフォーマンスは,どうなんだろ? | トップページ | 聴きたい曲があるかどうかではなくて,聴きたい曲と出会えるAmazon Prime Music »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/63893698

この記事へのトラックバック一覧です: 「天空」で,「スター・フライト 北海道 feat. PENTATONIX」観てきたよ。:

« 東京スカイツリー・ソラマチ「たまひで いちの」のコストパフォーマンスは,どうなんだろ? | トップページ | 聴きたい曲があるかどうかではなくて,聴きたい曲と出会えるAmazon Prime Music »