« 紙の良さを再認識!ワコムの次世代型デジタル文具 「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」 #makingideas | トップページ | Mazda MX-5 RFに座ってきた。 »

距離と時間を結ぶ。「君の名は。」

Kiminonaha

2016年8月26日公開の「君の名は。」
やっと観てきました。

巷にあふれる,ネタバレの話を,なんとか耳に,目に入らぬよう頑張ってきましたが,さすがにもう限界。
ちょうど,毎月14日はTOHOシネマズの“TOHOシネマズデイ”だったので,帰り道の途中,錦糸町のTOHOシネマズで,観てきました。まぁ,ちょっと安く観られるというのもあって,まだまだ満員に近い,お客さんの入り。

すごい人気ですね。

「入れ替わり」の映画というと,
尾美としのり・小林聡美の「転校生」のイメージなので,ずっと入れ替わっているお話かと思ってました。
(予告編で,「入れ替わり」があることくらいは,予備知識として入っていたので)

でも,ちょっと違いました。

しかも,実はかなり壮大なストーリーで,胸が苦しくなるほど切ない,でも,とても気持ちよく映画館を出られる映画。
まだ,「ふわふわ」した気持ちが残ってます。こういう余韻のある映画,なかなかありませんよね。

さらに,東京のシーンでは,新宿,代々木,僕が昔住んでいた四ッ谷のあたり,見慣れた風景が何度も出てくるので,ついつい見入ってしまいます。しかも,「ここって,印象に残るよね?」っていう部分が切り取られているので,うまくできてますね。

なぜ,この二人が,「入れ替わり」のペアとして選ばれたのか。
宮水 三葉が,巫女の家系だったとか,「来世は東京のイケメン男子にしてくださ―い!!!」と三葉が叫んだからとか,それらしい理由はありますが,「夢」として体験しているという部分も,新鮮でした。

「結ぶ」って,いろいろと意味があるんですね。
距離と時間を結ぶ良質のファンタジー映画でした。

また観たくなる映画ですね,たしかに。
で,聖地巡礼もしたくなる。飛騨も含めて。

今年一番の映画でした。

90点

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

小説 君の名は。 (角川文庫)
小説 君の名は。 (角川文庫)

君の名は。(通常盤)
君の名は。(通常盤)

|

« 紙の良さを再認識!ワコムの次世代型デジタル文具 「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」 #makingideas | トップページ | Mazda MX-5 RFに座ってきた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/64349952

この記事へのトラックバック一覧です: 距離と時間を結ぶ。「君の名は。」:

« 紙の良さを再認識!ワコムの次世代型デジタル文具 「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」 #makingideas | トップページ | Mazda MX-5 RFに座ってきた。 »