« デートからパーティまで対応できるリストランテ「ベニーレ ベニーレ 表参道原宿」 | トップページ | JR 千葉駅リニューアルオープンで感じたこと »

アイデアをさらに先へ 「Bamboo slate」と「Inkspace APP」 #makingideas

Wacom Bamboo Slate / Folio 24

手書きメモをデジタル化して,編集・シェアできるスマートフォリオ「Bamboo Slate」をWacomから提供していただき,モニター中です。

スマートパッド「Bamboo Slate」は,ふと何かを思いついた時に,電源を入れたBamboo Slateの上に載せた紙に,専用ボールペンでメモしてボタンを押すだけで,その手書きメモやアイデアの図をデジタル化することができる便利なツールです。

デジタル化したメモや図は,さらにこんなことも可能に。手書き文字をテキスト変換(3カ月後から有料),ファイルをお気に入りのアプリにエクスポート,ベクターファイル形式(.SVG)でエクスポート,クラウドサービスInkspaceにデータ保存して、どこからでもアクセス 可能に

Bamboo SlateはA4とA5の2サイズで展開です。使えるノートは8mm(約80ページ)までの厚さに対応していて,市販のノートや紙が使えるのが,いままでのデジタルペンとはちょっと違うところ。

【ワコム】スマートパッド Bamboo Slate small(A5対応)ミディアムグレー ボールペンで好みの紙に書いて、デジタル形式のメモを作成 CDS610S
【ワコム】スマートパッド Bamboo Slate small(A5対応)

Bamboo Slateを使い始めるためには,Wacom Inkspace APPとWacom IDの取得が必要になります。

Img_7483_2

Wacom Inkspace App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

Google play Wacom Inkspace App
Wacom Inkspace App
制作: Wacom Co. Ltd.
評価: 3.2 / 5段階中
価格: 無料 (2016/11/21 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

Android機でも,iOSデバイスでも,どちらでも1台のBamboo Slateで対応可能(これまではBluetoothのバージョン制限などにより,それぞれのスマートフォンやタブレットに合わせて,別々のデバイスを購入しなければならないデジタルペンもありました)。

Img_7485
iPhoneのトップページにInkspace APPを配置してみました。

Img_7486
利用規約とプライバシーポリシーに同意をして(この場面で専用フォント使用にも同意するというのはちょっと珍しいですね),

Img_7487
デバイスを接続

iPhoneのBluetoothをオンにしてあれば,とくにBluetoothの存在を意識せずに使うことができるのも,優れた点。

Img_7491
Bamboo Slateの電源を,

Img_7492edited
「マルチファンクションボタン」長押しで入れて,

Img_7493
「マルチファンクションボタン」を今度は,6秒間長押しで,Bluetoothペアリング。
「ペアリング」という言葉すらも出てこない(後で出てくるけど)のは,かなり好感を持てました。

Img_7494
Bamboo Slateを選択

Img_7495
マルチファンクションボタンをタップして確認

Img_7496
デバイスの名前を入力。デフォルトのままで問題ありません。

Img_7497
Bamboo Slateの向きを選択します。
ここ,ちょっとわかりにくいので,説明します。

たぶん,iPhoneでも,iPadでも,同じ図が出てくるので,左右どちらがBamboo Slateなのかわかりにくいのですが,
Img_7498
タップして,右側を選んでいますが,この,右側の中に線が入っているのがBamboo Slateです。
この選択は,後からでも変更することが可能なので,iPhone(タブレット)を左に,Bamboo Slateを右にして,横書きで使うパターンを選択しておけば,いいと思います。

Img_7499
Inkspaceをクラウドでも使えるように登録します。

Img_7500
そのために,Wacom IDの取得(無料)が必要になります。

TwitterとFacebookアカウントからのWacom ID登録も可能なようなのですが,現在(2016/11/21)できない状態です。事務局に問い合わせたところ,この件は順次解決される予定とのこと。

なので,現状では,メールアドレスとパスワードを設定して,Wacom IDを取得することになります。

Img_7506
自分の名前を入力して,botとかではないことを証明するために表示された文字を入力(これ,苦手なんですよね,読みにくいから)。この表示自体,まだ日本語に対応していないので,この時点では言語も日本語は選べません。

Img_7507
これで,無料のInkspace Basicが登録完了。

Img_7508
続いて,3ヶ月間は無料で使える,Inkspace BASICのアップグレード版のInkspace Plusにも登録,アクチベート。

Img_7509
アクチベートができました。

InkspaceのBasicで,通常使用するには問題ありませんが,有料のInkspace Plusにアップグレードすると,
○Ink to Text
手書き文字をテキスト変換。大切なメモは必要に応じてどこでも携帯。
○Ink to Vector
図やメモをベクター形式(.SVG)にエクスポート。
○Ink Collaboration
アイデアをどこでも誰とでもコラボレーション。インスピレーションの共有。
が可能になります。

できれば,Ink to Textは,現状での変換クオリティと便利さを考えると,無料のメニューに入れておいて欲しいなとは,思います。

Img_7511
これで,いよいよBamboo Slateに書き込み,描き込みができるようになりました。

Img_7512edited
最初の「H」が,インクはかすれてしまいましたが,問題ありません。

もう少し書いてみます。
Img_7513edited
とりあえず,これで。

Img_7514edited
書き込みが終了したことを,

Img_7515
「マルチファンクションボタン」でBamboo Slateに知らせます。

Img_7516
すると,画像データのダウンロードと,iPhoneとの同期が始まります。

Img_7517
ボタンを押す以外は,同期は自動でやってくれます。

Img_7518
するとInkspace APPに,今書いた内容が転送されて,表示されました。

Img_7519
サムネールをタップすると,拡大表示されます。

Img_7522
web上のInkspaceで,色をつけることもできます。

Img_7524
Ink to TEXTを試してみましょう。

Img_7525
認識させる言語は,「日本語」に変更。
デフォルトで,日本語にすることも可能で,アプリの右上にあるクラウドアイコンをクリックして「エクスポートの言語」から「日本語」を選択します。

Img_7526
すごく惜しい!けど,まぁ,このくらいなら,問題ありません。
「丁寧に書けば」という条件はあります。

Img_7532
描いた内容は,スマホに転送してすぐにSNSなどにシェアすることも可能です。

Img_7533
写真(画像)として,もちろん,iPhoneに保存することもできます。

Img_7534
子供の頃,ニャロメは,教科書の端っこのほうによく描いていたのを思い出しました。

書いたメモがその場ですぐにデジタル化されるって,ちょっとワクワクしませんか?
持ち運びもかさばらないので,これで,いろいろ試したいことが出てきています。

これも,「アイデアをさらに先へ」。
これまでのデジタルペーパー,デジタルペンに,ちょっと不満があった人には,Bamboo Slate,導入からとても簡単なので,試してみてはいかがでしょう。

by カエレバ

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« デートからパーティまで対応できるリストランテ「ベニーレ ベニーレ 表参道原宿」 | トップページ | JR 千葉駅リニューアルオープンで感じたこと »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/64521810

この記事へのトラックバック一覧です: アイデアをさらに先へ 「Bamboo slate」と「Inkspace APP」 #makingideas:

« デートからパーティまで対応できるリストランテ「ベニーレ ベニーレ 表参道原宿」 | トップページ | JR 千葉駅リニューアルオープンで感じたこと »