« DSC-RX100M5の高画質な動画とスーパースローモーション | トップページ | 江戸東京たてもの園の夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ »

ラゾーナ川崎で日本再上陸したPANDA EXPRESSのフォーチュンクッキーが全てを物語る

PANDA EXPRESS at Lazona Kawasaki

ご存知の通り,カワサキには,年1回程度しか行くことはないのですが,懐かしさもあって,PANDA EXPRESSが,ラゾーナ川崎にできたと聞いて,そろそろ空いてきた頃かな?と行ってみました。

場所は,1階のフードコードの中央付近。良い場所です。
アメリカにしばらくいたときに,わりと(他に食べるものが決まらなければ)食べていた,アメリカンなチャイニーズフードのチェーン店で,味が想像できるのと,全米各地に店舗があるので,どこに行ってもある意味「信頼できるブランド」なんですよね。日本には,一度,2店舗ほど構えていたことがあったようですが,撤退してしまい,昨年11月に博多一風堂を運営する力の源ホールディングスとの間で合弁会社 「I&P RUNWAY JAPAN」を設立して,再上陸となりました。

PANDA EXPRESS Menu how to order
「並んでいる間にメニューを見ておけ」ということでしょう。キッチンとの間のガラスの壁にメニューが貼ってあります。

短いとはいえ,行列ができているので,しかたがないのですが,アメリカのショッピングモールのフードコートだと,PANDA EXPRESSのお姉さんが,オレンジチキンを楊枝に刺して「食べろ,食べろ」と声をかけてくるのも特長のひとつなのですが,それは,さすがにまだ時期尚早なのでしょう。ラゾーナ川崎では,まだ見られませんでした。

PANDA EXPRESS at Lazona Kawasaki

オーダーのしかたは,簡単なのですが,ずらっと並んだメインの料理を見ながら,まずサイズ(1メイン+1サイドメニュー(ボウル),2メイン+1サイド(プレート),3メイン+1サイド(ビガープレート))と「サイドメニュー」を選ばせられます。

PANDA EXPRESS at Lazona Kawasaki
僕は,炒飯(フライドライス)と焼きそば(チャオメン)のハーフ&ハーフにしました。
炒飯がパラパラなので,どちらかと言えば,スプーンが欲しいところですが,わり箸の提供のみ。
その他,白米,玄米,ミックスベジタブルもサイドメニューとして選ぶことができます。
炒飯とミックスベジタブルのハーフ&ハーフでも良かったかな。「プレート」の2メイン+1サイドにしました。

Shanghai Angus Steak PANDA EXPRESS at Lazona Kawasaki
僕がメインとして選んだのは,「アンガスステーキ」と,

Orange Chicken PANDA EXPRESS at Lazona Kawasaki
PANDAEXPRESSの代表メニューである「オレンジチキン」

アンガスステーキは,プレミアムメニューらしく,追加200円とのこと。
まぁ,こっちとしては,ご祝儀的な気持ちもあるので,そのくらいは良いですよ。

で,盛り付けは,
Plate meal orange chicken, shanghai angus steak, fried rice, chow mein, stir-fried noodle
こんな感じ。

Plate meal orange chicken, shanghai angus steak, fried rice, chow mein, stir-fried noodle
オレンジチキンは,見た目から美味しそうですね。

Plate meal orange chicken, shanghai angus steak, fried rice, chow mein, stir-fried noodle
アンガスステーキは,アメリカのメニューだと「上海アンガスステーキ」となっています。
炒め物なので,いわゆる「ステーキ」とは,違います。
が,量が,す,少ない。+200円して,これ?

ドリンクのマウンテンデューのMサイズを頼んで,合計1,180円。
フードコートの料理としては,ちょっと高めかな。

Plate meal orange chicken, shanghai angus steak, fried rice, chow mein, stir-fried noodle
炒飯(フライドライス)は,わりとしっかりめに盛られています。チャオメンもまぁまぁのボリューム。
でも,メインの量が明らかに,アメリカのものより少ないのは,これ,ローカライズですか?
2020年に,どっとアメリカ人や外国人が日本に来たときに,怒っちゃうよ,これだと。
というか,ちょうど僕の後ろにアメリカ人がこのPANDA EXPRESSで買ったトレーを持って,座ったんだけど,すでに文句言ってましたよ。

味は,もうね,ああ,そう,これこれ。って感じのちょっとジャンクなアメリカンチャイニーズ。
ええ,懐かしく食べましたよ。

で,忘れちゃいけないのが,これ。
fortune cookie
フォーチュンクッキーが,付いてきます。
PANDA EXPRESS Fortune cookie

PANDA EXPRESS Fortune cookie
中にね,

PANDA EXPRESS Fortune cookie
オミクジみたいな紙が入っているんですよ。

ん?何何?
keep your expectations reasonable PANDA EXPRESS Fortune cookie
”keep your expectations reasonable”とな?
「期待しすぎるな」ですって

monochrome Panda tray
日本のパンダエクスプレスも,アメリカと同じものが出てくると期待して楽しみだったのですが,フォーチュンクッキーは,すべてお見通しでしたね。味は同じでも量が違う,試食もない…。世の中,期待し過ぎちゃいけない…ということを,日本に再上陸したPANDA EXPRESSから,学びました。

関連ランキング:中華料理 | 川崎駅京急川崎駅

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

希望するお店をネットから予約

|

« DSC-RX100M5の高画質な動画とスーパースローモーション | トップページ | 江戸東京たてもの園の夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ »

FUJIFILM」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/64723955

この記事へのトラックバック一覧です: ラゾーナ川崎で日本再上陸したPANDA EXPRESSのフォーチュンクッキーが全てを物語る:

« DSC-RX100M5の高画質な動画とスーパースローモーション | トップページ | 江戸東京たてもの園の夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ »