« JR千葉駅中央改札に時計が付いた。 | トップページ | TSCセミナー 小菅正夫氏「原点回帰の組織改革 逆境をチャンスに変える」 »

「いりや御前」と「岩塩焼きひつまぶし」ダブルメインで鰻三昧

香港在住の親しい友人が,香港にはまともなウナギがないので,「東京に来たときにちゃんとした鰻を食べさせろ♡(はーと)」とご所望されたので,とっておきのお店にお連れしました,空港から直行です。

もちろん,お店は「入谷鬼子母神門前 のだや」です。

岩塩焼きひつまぶし

来日の日はわかっていたので,事前に予約はしてありました。
draft beer YEBISU
まずは,ビールで再会を祝って乾杯。ぷはぁっ!

のだやさん,常に,新商品の開発に余念がない様子で,Facebookページの新商品の紹介がタイムラインに流れてくると,もう,食欲が刺激されちゃって,大変なんですよ,もう(笑)。

鯛の松前煮 sea bream
お通しは,鯛の松前煮。
昆布のダシたっぷりで,あっさりと鯛の香りを楽しめます。

で,そのFacebookページに出ていた新しいお料理が,こちら。
うなぎ珍味3点盛り
3月4日に発売されたばかりの,うなぎ珍味3点盛り

これですよ,これ。

左から,「うなぎ西京焼き」,「うなぎ八幡巻き」,「うなぎ一夜干し」
全部,うなぎ料理です。

うなぎ西京焼き うなぎ珍味3点盛り
うなぎ西京焼きって,珍しいですよね。
うなぎを西京漬けにして焼くというのを思いついたのは,すごくクリエイティブですね。
うなぎの旨味をと,しっかり染み込んだ西京味噌の風味と,これが最強な感じ。
いや,冗談はさておき,こういうのを「調和」というんでしょうね。

うなぎ八幡巻き うなぎ珍味3点盛り
うなぎ八幡巻き。
八幡巻きというのは,甘く煮たゴボウをうなぎで巻いたもの。
ゴボウの柔らかさと,甘さ,鰻の食感と香りが,これまたよくマッチしていて,とてもバランスの良い一品。

うなぎ一夜干し うなぎ珍味3点盛り
そして,うなぎ一夜干し。
うなぎを,一夜干しするって,すごいことを考えましたね,また。
さばいてすぐ焼くことが普通のうなぎを,さばいて,塩入れして,熟成させて,干して…って,手間がかかっただけあって,うなぎの味と香り,脂がぎゅぎゅっと凝縮されています。
ビールが進むこと,進むこと。
「うなぎ珍味3点盛り」,しっかり味わいながら,食べました。

うなぎハムとクリームチーズの酒盗和え
そして,「うなぎとクリームチーズの酒盗和え」からバージョンアップされた「うなぎハムとクリームチーズの酒盗和え」
クリームチーズの酒盗和えで十分美味しかったのに,さらにうなぎハムで挑んでくるとは,のだやさんのあくなき探究心を感じます。もちろん,さらに美味しくなってます。
この料理だけ,酒盗+うなぎハム+クリームチーズを一口で運ぶためのスプーンか,サラダ風なのでレタスに包んでペロリっとできるような工夫があったら,より口の中に広がる組み合わせの妙を,さらに楽しめるかもと思います。

で,うなぎからの連想で,「龍力(たつりき)ドラゴン」の日本酒を。
うなぎハムのジューシーさと柔らかさ,クリームチーズのねっとり感,酒盗のアクセント,
これが,合わないわけがない!酒盗とは,よく言ったものですね。
クイッといけちゃいます。美味いなぁ…。

そして,メインは,新開発の「いりや御膳」
三河一色産の「あさがお」サイズの”地焼き塩焼きいりや御膳
こちらは,三河一色産のうなぎを使った地焼き塩焼き。

「いりや御前」は,1月5日より始まった新商品で,簡単に言うと,塩焼きのうなぎと,鰻重の組み合わせ。
でも,鰻重のうなぎは,鰻本来の美味しさを第一に考え品質研究を重ねて開発された「きょうすいうなぎ」というかなりレアな鰻で,なかなかお目にかかれない鰻です。
これが食べられただけで,かなりラッキー。

三河一色産の「あさがお」サイズの”地焼き塩焼き いりや御膳
塩焼きは,皮がパリッと,中はふっくら,ワサビをつけると,甘みが引き出されてきます。
美味しいなぁ…しみじみ。

江戸焼き「きょうすい重」中サイズ いりや御膳
そして,お待ちかね,きょうすいの鰻重ですよ。
お店のヒトに,シェアしたいと伝えたら,最初から分けてもって来てもらいました。
この,ホスピタリティ。

そうそう,このお店,入るとスタッフさんが,みなさん,ニコニコしてらっしゃるのが,また良いんですよ。
笑顔で迎えてくれるお店って,最近,しばらく入ったことがありませんでした。癒される〜。

肝吸い 江戸焼き「きょうすい重」中サイズ いりや御膳
新しい「いりや御膳」には,肝吸いと香の物などがついてきます。

江戸焼き「きょうすい重」中サイズいりや御膳
身も皮も柔らかくて,香りのよいうなぎ。厚みのある肉の部分は美味い脂がバランス良くて,とろけます。
またね,ご飯の炊き方が巧いんだな。さすが,鰻の匠。

で,香港でも,ニホンでも,なかなかないのが,
岩塩焼きひつまぶし
岩塩焼きひつまぶし。
タレのひつまぶしは,東京でも名古屋でもかなり食べられるようになってきましたが,塩焼きのひつまぶしは,のだやだけじゃないのかなぁ…。

岩塩焼きひつまぶし
この焼き色。ボリューム。たまりません。

え?もっとよく見たい?
岩塩焼きひつまぶし
どーん!

岩塩焼きひつまぶし
で,ひつまぶしなので,

岩塩焼きひつまぶし
最初はそのまま,

岩塩焼きひつまぶし
二杯目は薬味を加えて,

岩塩焼きひつまぶし
三杯目は,お茶漬け風でいただきます。

タレのひつまぶしだと,ダシ汁で食べることが多いのですが,岩塩焼きのひつまぶしなので,基本は,本当にお茶で。味の好みで,鰻のたれなどを加えると,味わいが広がります。塩焼きのうなぎと,塩のひつまぶしの味付けは,塩梅がそれぞれ違うというこだわり。

ああ,幸せ。

ウナギアイスクリーム
仕上げのデザートは,「うなアイス」
みたらし団子風の味付けなんだけど,鰻重のタレとうなぎの骨の粉がかかってます。
元気が出ますね。

どれも美味しかった。
友人も,とても満足してもらえたようです。

ごちそうさまでした。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

希望するお店をネットから予約

|

« JR千葉駅中央改札に時計が付いた。 | トップページ | TSCセミナー 小菅正夫氏「原点回帰の組織改革 逆境をチャンスに変える」 »

FUJIFILM」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/65038042

この記事へのトラックバック一覧です: 「いりや御前」と「岩塩焼きひつまぶし」ダブルメインで鰻三昧:

« JR千葉駅中央改札に時計が付いた。 | トップページ | TSCセミナー 小菅正夫氏「原点回帰の組織改革 逆境をチャンスに変える」 »