« 湯島聖堂 | トップページ | 四谷Island burgersで,Bacon Cheese Egg Burger »

「GINZA SIX」は,男性が行っても楽しめるか?

GINZA SIX(ギンザシックス)
東京都中央区銀座に,4月20日にできた複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」,混雑も少しは減った頃かなと,物見遊山でちょっと覗いてきました。

赤い水玉のカボチャは,もちろん,草間彌生さんの作品。2018年2月までの展示。

2013年に閉店した「松坂屋銀座店」が単独建て替えで新しくオープンしたのではなくて,事業主体の1つに大丸松坂屋百貨店は入っていますが,まるっきり別の建物と集合体です。店舗数は 241店舗。駐車場には観光バス用のスペースも4台分あるという,かなりインバウンドを意識した商業施設のようです。

専用のスマートフォン用アプリもできてます。
GINZA SIX
カテゴリ: ショッピング, ライフスタイル



パックツアー(交通+宿)楽天トラベル

さて,各フロアを,なんとなく見て回りましたが,銀座に初出店のブランドが81店舗。
ファッションブランドに縁遠いと,もう訳がわかりません。

で,居心地がいいのは,6階の「銀座 蔦屋書店」と,

DSCF7116
14階(RF)屋上の庭園スペース「GINZA SIXガーデン」

ここにたどり着くのも,最初に入った場所がズレていると,エレベーターを探したり,ちょっと大変です。

DSCF7118
銀座の目抜き通りを,この角度から眺められるのは,ちょっと新鮮。

地下2階で買った食べ物を,ここでひろげて食べるというスタイルが流行ってるみたい。

あ,あとLeicaが5階に入ってます。双眼鏡やアクセサリーもありました。ギャラリースペースが設けられているのが,ちょっと贅沢ですね。

ライカ銀座店もそのギャラリーも残っているので,銀座に2店舗。すげーな。

で,その繋がりで…ってことはないのだけれど,6階の「銀座 蔦屋書店」は,アートと日本文化と暮らしをつなぎ,「アートのある暮らし」を提案しています。なので,写真集が豊富におかれているので,いろいろと手にとって見る(あるいは,白い手袋をして見る)のには,絶好の場所。買えよって話なのかもしれませんが,立ち読みに最適。
ブック&カフェなので,スタバが併設。でも,今のところ,混んでいて,こっちはゆったりと,というわけにはいきません。

さて,タイトルにも書いた「男性が行っても楽しめるか?」ですが,
このGINZA SIX,行きたいお店を目指していく場所のような気がします。
だって,知らないブランドが多すぎて…。
なので,ウェブやアプリなどで,事前に予習をしてから行くといいと思いますよ。

で,カメラ好き,写真好き,アート好きなヒトには,どこかひっかかる場所があると思います。
グルメなヒトにも,良さそうなお店がたくさんあるので,そのうち,さらにもうちょっと落ち着いたら,入ってみようと思いますが,今のところ,「男性が行っても,ちょっとだけ楽しめる」ってところではないでしょうか。

ま,話のタネに。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

希望するお店をネットから予約

|

« 湯島聖堂 | トップページ | 四谷Island burgersで,Bacon Cheese Egg Burger »

FUJIFILM」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/65293426

この記事へのトラックバック一覧です: 「GINZA SIX」は,男性が行っても楽しめるか?:

« 湯島聖堂 | トップページ | 四谷Island burgersで,Bacon Cheese Egg Burger »