« 夜の湯田中駅 | トップページ | バスツアーのランチで,戸隠そば山口屋 »

トンカツをコースでいただく贅沢・人形町「かつ好(かつよし)」

36482274501_a7f027e752_c

たまには,ゆったりとコースでトンカツなんてどう?と友だちに誘われて,人形町の裏路地へ。

Katsuyoshi-01-DSCF8553
駅からすぐの所なのに,こんな雰囲気のある店構えのトンカツ屋さんが?
昨年できたばかりのかつ好(かつよし)です。

Katsuyoshi-03-DSCF8557
予約してもらって行ったので,キッチンが眺められるカウンター席に。
このカウンターも,木のぬくもりが感じられて,これから出てくる料理の期待感を高めます。

Katsuyoshi-09-DSCF8570
まずは,軽く生ビールで,乾杯!

Katsuyoshi-06-DSCF8567
よく冷えていて,泡の盛りも良いですね。

Katsuyoshi-04-DSCF8558
1階は,6席のカウンター席のみ。間違いなく,ここは,大人のトンカツ屋さんですね。

Katsuyoshi-05-DSCF8562
コースの注文は,予約時にしてあるので,さっそく料理長さんが,仕事を始めます。
コースは,3種類。まん中の5,000円のコースをお願いしてあります。

Katsuyoshi-07-DSCF8569
前菜は,涼しげなトマトのジュレサラダ

Katsuyoshi-08-DSCF8573
柚子でさらに爽やかに甘酸っぱく夏らしい味に。
夏の甘酸っぱい思い出,できましたか?

Katsuyoshi-10-DSCF8574
ちょっと珍しい梅塩と,

Katsuyoshi-11-DSCF8575
ソース,

お好みで,
Katsuyoshi-12-DSCF8576
車海老のフライを。

目の前で今あがった車海老です。できたてほやほやで,もうそれだけで嬉しくなるのですが,レモンをさっとかけて,梅塩でエビフライを食べたら,もう,衣がほろほろっと口の中で崩れて,プリプリッと柔らかい海老の身の食感。

ebi-Katsuyoshi-13-DSCF8579
これは,見た目も麗しく,美味いエビフライです。
でも,ここ,トンカツ屋さんなので,きっとトンカツはさらに美味いはず。

Katsuyoshi-15-DSCF8584
鰹節の厚みにちょっとびっくりな、玉ねぎサラダ。鰹節も削りたて。
気持ちも和風にちょっと戻ってきました。

sake-Katsuyoshi-14-DSCF8582
ときたなら,日本酒で迎え撃ち。
掛川の「開運」という日本酒を冷酒で

純米酒です。コクがあるけど飲みやすいですね,これ。

このお店,本店が静岡にあることから,食材は,静岡のものに,とことんこだわっています。

Katsuyoshi-19-DSCF8596
このお店は,2種類の温度に設定した鍋でカツを揚げています。低温から高温へ二度揚げ,余熱で油切りと仕上げ。
自家製のパン粉を鍋に投げ入れながら油の温度のチェック。仕事人の技を見せてもらいました。

Katsuyoshi-16-DSCF8587
これは,三位煮
やわらか〜な豚のヒレをほぐしたしぐれ煮で,生姜の効いた刺激的な味です。
ニンニク、玉ねぎ、生姜の3つで,「三位」,さらに,さやいんげんのキュッキュッとした食感もたまりません。
ご飯が欲しくなる〜っ!が,まだまだ,コースの半ば,ちょっと我慢。いや,頼めば出してもらえるようですけれどね。

Katsuyoshi-20-DSCF8603
キャベツにも,胡麻風味の甘酸っぱい自家製の専用ドレッシング

Katsuyoshi-21-DSCF8606
キャベツは,お代わり自由なので,このドレッシングがあれば,何杯でもいけそう(大人のお店なので,1回だけお代わりしました)。

Katsuyoshi-23-DSCF8610
トンカツがあがりましたよ!
二人で,ロースとヒレをシェアしました。

冒頭の写真は,ソースで芳醇な味わいがさらに引き立つヒレカツ。
梅塩も美味しいですね!
さっぱりとしていて,肉の味を際立たせてくれるので、梅塩で食べるのが良いですね。

Katsuyoshi-17-DSCF8593
お酒は,白ワインにしてみました。南仏のアロガントフロッグというワインです。あっさりとかすかにフルーティで,
トンカツと白ワイン,意外とよく合いますね。お店のスタッフが,もちろん,カツに合うものを選んでくれているからなのですが,ワインの銘柄もおまかせして安心。

その他,お客さんのお好みで,トンカツを楽しめるようにと,
Katsuyoshi-24-DSCF8612
ワサビ醤油や,

Katsuyoshi-24-DSCF8613
和辛子もだしてくれました。
いやぁ,迷う!

ロースカツは,脂も美味しいですね。サクサクのロースです。
ロースもとても上品な仕上がりです。ロースを山葵醬油で,ってのも,美味い!!

Katsuyoshi-31-DSCF8627
お店の方が手が空いた時を狙って,ちょっと「豚の銘柄などは?」と聞いてみました。
写真はロース。
静岡産の豚というのはそうなのですが,銘柄指定ではなく,「かつ好」好みの美味しい豚を,業者さんが仕入れてくれる仕組みができあがっているのだそうです。
料理長さん曰く,「肉は見てわかる,触った感触でもわかる。」
「このへんの脂の張り具合がね」,って,やはり,プロのこだわりが伝わってきます。

Katsuyoshi-25-DSCF8615
〆に,普通のご飯か,カレーが選べます。
って,言われたら,カレーを選びますよね。
で,このカレー,ただのカレーじゃないんです。スッポンのカレー。夏バテのカラダにはちょうど良いタイミング!
以前は,まかないで出していたそうなのですが,お客さんのリクエストで出してみたら,かなりウケが良かったので,コースのレギュラーメニューになったそうです。

で,カレーですよね。
トンカツ出ましたよね。
Katsuyoshi-26-DSCF8617
そしたら,乗せちゃいますよね。
Katsuyoshi-27-DSCF8618
ロースとヒレのあいがけ(って言うのか?)って,かなり贅沢なカツカレーのできあがり!

カレーの味は,意外とあっさりしているので,これまた,いくらでも食べられそうなのですが,味は,とんかつソースで調整できます。
Katsuyoshi-28-DSCF8622
あっさりと浅漬けのお新香。
すべては,メインのトンカツを盛り上げるように,メニューの構成も食材も工夫されているのを感じました。

Katsuyoshi-29-DSCF8623
お新香の切り方も,美しいんですよ。

Katsuyoshi-30-DSCF8625
よくトンカツ屋さんでは,濃い目のお味噌汁が出てくることが多いのですが,ここはあくまでもあっさり。
こういうの,メリハリがついていて,好きです。

Katsuyoshi-32-DSCF8630
デザートは,これも自家製の抹茶アイス。ええ,もちろん静岡産の抹茶が使われています。
濃い!甘い!苦み!このバランス!美味しい抹茶アイスです。
しゃりしゃり感があって,ミルク成分にバランスを振ってないのが良いですね。

ああ,美味しかった。
単品でトンカツをオーダーするより,ずっとオトク感もありますね。

そう,カウンターテーブルの木目と軽いうねり,
Katsuyoshi-33-DSCF8634
実は,酒樽の木を使ったものなのだそうです。
カウンターに仕上げた大工さんは,香りで酔っ払いそうになったとの逸話も。
今は,鼻を近づけてもほとんど香りはしません。見た目の味わいのみで,お客さんが酔っ払ったりすることはないので,ご安心を。

Katsuyoshi-34-DSCF8635
2階もちょっと覗かせてもらいました。2階はテーブル席で12席。
古民家の梁をそのまま残してあって,1階とはまた雰囲気が違いますね。どちらも人形町らしい高級感と威厳があります。家族や仲間と来るとき,接待の時には,2階もいいかな。

Katsuyoshi-02-DSCF8555

人形町の駅のA5の出口を右に出て,すぐの角を右に,最初の路地を左に入ると,この「かつ好」の提灯が目に入ると思います。

久しぶりに,ゆったりとした気持ちで,コースで贅沢にトンカツを楽しむことができました。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:とんかつ | 人形町駅水天宮前駅小伝馬町駅

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

希望するお店をネットから予約

|

« 夜の湯田中駅 | トップページ | バスツアーのランチで,戸隠そば山口屋 »

FUJIFILM」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/65674783

この記事へのトラックバック一覧です: トンカツをコースでいただく贅沢・人形町「かつ好(かつよし)」:

« 夜の湯田中駅 | トップページ | バスツアーのランチで,戸隠そば山口屋 »