六本木 路地裏 「骨を見ろ」

photo Exhibition

六本木の路地裏にあるギャラリー兼フリースペース「ビリオン」で開催されていた写真展に行ってきました。

建物の名前が「メゾン六本木」というのも,それっぽくていいですね。

続きを読む "六本木 路地裏 「骨を見ろ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WacomのBamboo slateで「写仏」始めました。#MakingIdeas

Buddhist image drawing

Wacomから提供して頂いたBamboo Slate
メモ書きには,普通に使えるので,なにか他に面白い使い方はないかなぁ…と探していたところ,まぁ,絵心はそんなにないので,人気のキャラクターをなぞる「トレース」的な使い方に,今ちょっとハマっています。

Bamboo Slateの概要と使い方

Img_8118
そういえば,小学生の頃,これを教科書の片隅に描いていたような…。

Bamboo Slateは,iWireのイベントに参加して,記事を書いています。
インフルエンサーワイヤー

続きを読む "WacomのBamboo slateで「写仏」始めました。#MakingIdeas"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸東京たてもの園の夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ

常盤台写真場

友人に教えてもらった,小金井市にある「江戸東京たてもの園」の夜間ライトアップイベント「紅葉とたてもののライトアップ
平成28年は,11月25日〜11月27日の3日間限定で,夜間特別開園されました。

ここは,前から行きたいと思っていた場所なのですが,ふだんは夜間の公開をしていないので,モニター中の広角で明るいレンズを持つSONY Cyber-shot DSC-RX100M5iconを持っていくには,かなり合う場所ではないかと思い,いろいろと撮ってみました。

17920-275-296887

この前の記事で,基本的なカメラの使い方,露出,色合いなど,理解した上で,AUTO以外の設定で撮ることに慣れるよう,いろいろと機能を変えて撮ってみました。

ソニーストア
DSC-RX100M5
icon


パックツアー(交通+宿)楽天トラベル

続きを読む "江戸東京たてもの園の夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリカム「ウラワン」横浜イブベイビーズ

Yokohama Arena

12月24日は,ひっさしぶりに,DREAMS COME TRUEのライブに行ってきました。。

4年に一度行われるグレイテストベストヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地 ドリカムワンダーランド」の裏ヴァージョンとして,2012年にはじめて開催された全国ツアー「ウラワン」の第2回目。

新横浜の横浜アリーナも,久しぶり。

ダークサイドで音楽偏差値の高い隠れた名曲がこれでもかと披露される見なきゃ損する,もう1つのベストヒッツライヴという位置づけ。

美和ちゃんによるとお客さんの数は14815人で,収録日でした。
ちょうど,横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で女性限定の福山雅治のライブがあるのに,こっちに来てくれてありがとうと正さん。DVD・Blu-rayでは,ほんと,ここのところ,カットされるかな?

美和ちゃん,声もダンスも走りも,パワフルすぎた。
吉田沙織選手も来ていて,スポット当てられてた。ダブル吉田。
夜光塗料,最高!

続きを読む "ドリカム「ウラワン」横浜イブベイビーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原にはブレないハロウィンがある!「ハロウィン in 竹の花」インタビュー

Takenohana-Halloween2016

今年で,すでに12回目を迎えた,「おだわらハロウィン in 竹の花」。今年も3,000人以上の参加者が集まったという,商店街のハロウィンとしては老舗の,小田原・竹の花商店会の皆さんに,ハロウィンの取材をこちらからお願いして,快く受けていただきました。

Odawara Takenohana Shopping street

すでに12月でしたので,竹の花の通りにハロウィンの痕跡は,もちろんすでになく,可愛らしいクリスマスのイルミネーションが始まっていました。今年の10月29日(土)にも,この,「竹の花通り」の「パーキング・イシダ」をメイン会場とした「おだわらハロウィンin竹の花」が開催。


パックツアー(交通+宿)楽天トラベル

続きを読む "小田原にはブレないハロウィンがある!「ハロウィン in 竹の花」インタビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY Cyber-shot RX100Vと行く,京都・南禅寺 水路閣

Nanzenji historic water way bridge Suirokaku 14

「そうだ,京都(も)行こう」

日帰りで,神戸のルミナリエを観てきたのですが,それだけでは時間的にちょっともったいないので,京都で途中下車。ずっと前から,一度行ってみたかった,南禅寺水路閣(疏水)を観てきました。紅葉はぎりぎりのタイミングで,京都はお天気にも恵まれ,短い時間でしたが,散策を楽しむことができました。

一応,バックアップ用に一眼レフと,コンパクトカメラを1台ずつ持っていったのですが,メインは,モニター中のSONY Cyber-shot RX100Vで,いろいろと機能を試しつつ,撮ってみました。

17920-275-296852

旅費は,自腹です。
写真は,すべてJPEG撮って出しの画像ファイルをFlickrにアップロードしたものを,この記事に引っ張ってきています。


パックツアー(交通+宿)楽天トラベル

続きを読む "SONY Cyber-shot RX100Vと行く,京都・南禅寺 水路閣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京から日帰り弾丸ツアーで,「神戸ルミナリエ」

Spalliera Kobe Luminarie 2016 19

行けちゃうもんですね。

ふと思い立って,今年で22回目となる「神戸ルミナリエ」を,日帰りで観てきました。ルミナリエを観るのは初めてです。

今,ちょうどモニターで,ソニーのRX100M5を借りているので,これを持って,東京を新幹線で,朝8時過ぎに出発。京都で途中下車して,午後2時過ぎには,会場となる神戸(というか三ノ宮)に到着。
新幹線を英語で"bullet train"(弾丸列車)というので,ツアーというか,一人で気ままに行っただけですが,これも「弾丸ツアー」と呼んでも良さそうです。

神戸に詳しい友人のわーたんと,こぶちゃんご夫妻のおかげで,スマホとSNSで遠隔サポートを受けながら,三ノ宮のグルメポイントをおさえることができました。ありがとうございます。感謝!

京都と三ノ宮グルメは,また別記事で。


パックツアー(交通+宿)楽天トラベル

続きを読む "東京から日帰り弾丸ツアーで,「神戸ルミナリエ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「創エネ・あかりパーク」と「冬桜イルミネーション」観てきたよ。

Ueno Akari Park 2016 03

上野公園で,本日11月6日まで,イベントがあるということで,立ち寄ってみました。

創エネ・あかりパーク 2016
2016年11月2日(水) - 11月5日(土) 13:00 - 20:00 / 11月6日(日)13:00 - 18:00
会場:上野恩賜公園 噴水広場

続きを読む "「創エネ・あかりパーク」と「冬桜イルミネーション」観てきたよ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第98回草月いけばな展 「花は、私になる。」

locomotive 汽関車

創流90周年記念草月いけばな展「花は、私になる。」が日本橋髙島屋で開催されたので,今年も見てきました(10月31日までで,すでに終了しています)。

いけばなの未来におもいを繋ぐ記念展ということで,いつもよりもさらにダイナミックで心惹かれる作品が多かったように思います。写真は,すべて(都合により)iPhone 6Sで撮影。

上の写真は,90周年記念ということで,初代家元・勅使河原蒼風さんのオブジェ「汽関車」(1階正面ステージ),1階6面のショーウインドーに3代目・宏さんの書と陶作品,そして8階に2代目・霞さんの作品を再現して展示されていました。

続きを読む "第98回草月いけばな展 「花は、私になる。」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展「私版大磯百景拾遺 海の舞台にて」に,行ってきました。

大磯の海舞台に40点 小澤忠恭さん写真展  大磯町の写真家・小澤忠恭さんによる写真展「私版大磯百景拾遺 海の舞台にて」が、9月9日(金)からギャラリーさざれ石(大磯町大磯1174)で始まった。今年の見どころという「私と小石」=写真=も10点ほど並ぶ。

というわけで,今年も,カメラを持って大磯に出かけてきました。
写真家・小澤忠恭氏の個展が目的の地。
毎年,だんだんと大磯が近く思えてくるのは,ちょっと不思議。

Stone and me 06
今年も,小澤先生は,より大磯が楽しめるようにと,写真展の来訪者向けに,お楽しみ企画を考えてくださってます。
「私と小石」も,真似っこしてみました。この記事の写真は,すべてFUJIFILM X70で撮影したものです。撮って出しのJPEGをFlickrに上げてあります。

続きを読む "写真展「私版大磯百景拾遺 海の舞台にて」に,行ってきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧